セルジオ・ペレス、アルファロメオF1移籍で合意との報道
セルジオ・ペレスが、2020年にアルファロメオF1に移籍することで合意し、F1イギリスGPが開催される8月2日(日)に発表されると報じられている。

セルジオ・ペレスは2022年までレーシング・ポイントF1と契約を結んでいるが、チームは2021年に4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルにオファーを出したとされ、ベッテル自身もチームと話し合ったことを認めている。

レーシング・ポイントは、7月31日までに違約金を払えば、セルジオ・ペレスとの契約を解消できると報じられている。

「僕が知っている限り、僕はチームといると思う。僕は契約を結んでいる」とセルジオ・ペレスはコメント。

「今後数週間で何が起こるか見てみよう。でも、僕の見解では僕には契約があるし、チームの将来を完全に信じている」

だが、セルジオ・ペレスは別のチームからコンタクトがあったことを認めている。

イタリアの報道によると、セルジオ・ペレスと接触しているのはアルファロメオF1であり、8月2日のF1イギリスGPでキミ・ライコネンの後任として2021年のドライバーに就任することが発表されるとしている。

しかし、ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーもセルジオ・ペレスと連絡を取っていることを示唆している。

「彼自身に聞いてみた方がいいと思う」とギュンター・シュタイナーはコメント。

「私は多くのドライバーと話をしている。現時点で推測に貢献したいとは思わない」

一方、父親がチームオーナーであるランス・ストロールは、自分のシートが“ロック”されてはいないと認める。

「チームにとって何がベストかを決定するのはマネジメント次第だ」とランス・ストロールは語った。

セルジオ・ペレスのアルファロメオF1との契約が事実であるとすれば、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは2021年にアストンマーティンF1でレースを続け、キミ・ライコネンはF1を去ることになる。

アストンマーティンとの話し合いについてセバスチャン・ベッテルは「情報を得るのはかなり普通のことだと思う」と Sky Deutschland にコメント。

「自分自身で正しい決定をすることが重要だ」

アルファタウリ・ホンダF1のドライバーであるダニール・クビアトは、セバスチャン・ベッテルはミッドフィールドで戦うことにも適応できると考えている。

「そう思うよ。キミ・ライコネンだってそうようしているしね」とダニール・クビアトは語る。

「トップチームにいるか、中盤にいるかは問題ではない。仕事は変わらない。マシンから最大限を引き出すだけだ。セバスチャンはそれが得意だしね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / アルファロメオF1 / レーシングポイント / アストンマーティン