セルジオ・ペレス F1 Halo フォース・インディア
セルジオ・ペレスは、HaloはF1が長年追求してきた安全運動であり、論争の的となっている見た目に関しては数戦もすれば慣れるだろうと考えている。

2018年からF1マシンはコックピット保護デバイス『Halo』の搭載が義務付けられ、ルックスという点ではF1史上最大の変化がもたらされる。

ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるパディ・ロウは、Haloの重量がF1マシン開発に大きな影響を及ぼすことを認めている。

セルジオ・ペレスもフォース・インディアがHaloが空力に及ぼす影響と格闘しているとし、今後のF1カーの外観を台無しにする恐れがあることを認めるが、安全対策を強化することの必要性を強調。ファンはドライバーは数戦もすれば、その見た目になれるだろうと考えている。

「Haloは空力面に大きな影響を与えるのは確かだけど、それは全員にとって同じことだ」とセルジオ・ペレスはコメント。

「安全のためのものだ。3~4戦もすればそれに慣れるだろう。F1はすべてが非常に素早く変化していく」

「来年はすべてのチームが拮抗した面白い一年になることを期待しているし、2~3戦後には誰もHaloについて話さなかうなっていることを期待している」

「とても良い決定だと思うし、FIAはとても勇敢な決定をしたと思っている。僕たちは安全性を追求しているし、F1だけでなく、他のカテゴリーでも、この世代のドライバーは安全性を推進している」

「過去10年間にHaloがあったら、スポーツでいくつかの命を救っていただろう。見た目はあまり気にいっていないけど、価値のあることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セルジオ・ペレス | フォース・インディア | F1マシン