セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスは、F1に昇格したばかりの現段階ではラップタイムには注意を払っていないと述べた。

セルジオ・ペレスは、これまでの3回のテストでそれなりのタイムを記録しているが、現時点では実際のタイムとは無関係だと感じている。

「タイムはあまり気にしていない」とセルジオ・ペレスはコメント。

「僕が望んでいるのは、自分自身とマシンの発展だ。僕たちはそのことに集中している。それ以外のことには目を向けていない」

「シーズンが終わりに近づいたときに、自分自身を祝えるようになりたいね。多くのことを学び、手に入れられるポイントを全て獲得したとね」

セルジオ・ペレスは、2011年のルール変更がF1でのルーキーシーズンにとって彼を残りのフィールドとより等しいレベルに置いてくれると感じている。

「多く領域で誰もがゼロからスタートする」

セルジオ・ペレスは、新しいタイヤ、KERSの復活、可変リアウイングの導入といった変化がむしろ有利に働くと考えているが、チャレンジになるとも認識している。

「でも、経験を決して過小評価してはいけない。全体的な環境をわかっていれば、新しい状況に適応することはより簡単だ。でも、僕は新しいパーツや環境といったものを学ばなければならない」

セルジオ・ペレスは、これまで6日間しかテストを経験しておらず、多くを学ばなければならないため、チームメイトの小林可夢偉に頼らなければならないと認める。

「僕のキーワードは学習だ」とセルジオ・ペレスハコメント。

「可夢偉は十分に速いし、昨年いいパフォーマンスを示していた。可夢偉はテストドライバーとして長年F1に関わってきたので、彼から多くのことを学べると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セルジオ・ペレス / ザウバー