F1 パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインが、メルセデスの後ろ盾を失うことになる可能性が報じられている。

2018年にザウバーのシートを失うことが確実視されているパスカル・ウェーレインだが、メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、ランス・ストロールのチームメイトとしてウェーレインを考慮するべきだとウィリムズに推薦している。

現在、メルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレインだが、ザウバーとウィリアムズがノーと言った場合、メルセデスの後ろ盾を失うことになるかもしれない。

パスカル・ウェーレインについて質問されたトト・ヴォルフは「ウィリアムズが残るための唯一の選択肢だ」とドイツメディアにコメント。

「彼らは数名のドライバーを検討している。パスカルにもチャンスがあるが、我々がやってきたこと以上にやれることはない」

「どこかの時間でドライバーは自分の足で立つ必要がある」

先週、ロバート・クビサとポール・ディ・レスタの“シュートアウト”を実施したウィリアムズだが、チーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、パスカアル・ウェーレインも候補のひとりであることを認める。

「パスカルについて話をすれば、我々は全てのレースで彼のドライバーを見ているので、テストをする必要はない」とパディ・ロウはコメント。

しかし、パディ・ロウは、メインスポンサーのマルティーニの希望を考慮しなければならないと認める。アルコールブランドであるマルティーニは、マーケティング的に25歳以上のドライバーを望んでいる。

「そうだ」とパディ・ロウは認める。「だが、私はマルティーニがドライバーが我々にとっていかに重要かを認識していると確信している」

「我々はスポンサーにとって最も効果的なものではでく、結果という点でベストな選択肢を選ぶだろう」

トロ・ロッソ移籍の噂もあったパスカル・ウェーレインだが、それはレッドブルによってはっきりと否定されている。

レッドブルのヘルムート・マルコは「個人的にパスカルとの関係はない。とにかく我々にはメルセデスのジュニアのための場所はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / パスカル・ウェーレイン