アルピーヌF1チーム、オスカー・ピアストリの早期リリースに正式合意
アルピーヌF1チームは、オスカー・ピアストリの早期リリースに合意。アブダビでのポストリーズンテストでマクラーレンのテストに参加することが可能となった。

昨シーズンのF2チャンピオンで、アルピーヌF1のジュニアドライバーだったオスカー・ピアストリは、チームが発表した2023年にレースドライバーに昇格することを拒否した後、今年初めに契約紛争の対象となった。

アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソが残ることを期待して、ウィリアムズにオスカー・ピアストリを配置したいと考えていたことが、ピアストリ陣営はマクラーレンと複数年契約を結んだ。

F1の契約承認委員会は最終的にマクラーレンの側についたが、オスカー・ピアストリは2022年末までアルピーヌF1チームとの契約で縛られてお、夏季休暇以降はファクトリーベースに仕事を割り当てられ、グランプリには帯同していない。

F1 は、最終戦アブダビGP後の11月22日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで1日のテストを実施する。

伝統的に、ドライバーは12月31日まで契約を結んでいるが、通常、チームを移籍するドライバーには、新しい雇用主と早期に連携するための承認が与えられる。

これまでアルピーヌF1はそれを拒否していたが、最終的はアブダビでマクラーレンのテストに参加することにゴーサインを与えられ、2022年仕様のMCL36を体験できるようになった。

また、土曜日にはオスカー・ピアストリが先週ポール・リカールでマクラーレンの2021年仕様のMCL35Mでプライベートテストを受けることを許可されていたことが確認された。

マクラーレンのF1ちーむ代表であるアンドレアス・ザイドル「先週、オスカーをポール・リカールで車に乗せてプライベートテストを行うことを可能にする和解合意に達した」と語った。

「それにより、月曜日にアブダビでオスカーと仕事を始めることができる。つまり、アブダビでのヤングドライバーテストで彼を走らせることができる。これは、我々とオスカーにとって素晴らしいことだ」

アルピーヌF1チームの代表であるオトマー・サフナウアーは「シーズンは終わりに近づいており、合意に達する時が来た」と語った。

「我々は合意に達した。オスカーが最後のレースの後にマクラーレンでのキャリアをスタートさせ、テストを行うことができることを嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / マクラーレン / アルピーヌ