オスカー・ピアストリ、アルピーヌとはアカデミー契約のみでF1契約は未登録
アルピーヌがオスカー・ピアストリと結んでいた契約はアカデミーとのものであり、FIA(国際自動車連盟)の契約承認委員会 (CRB)にF1契約として登録されていなかったとされている。したがって、ピアストリには2023年にマクラーレンで自由にレースデビューできるという。

7月30日に発表されたフェルナンド・アロンソの2023年のアルピーヌF1チームからアストンマーティンF1への移籍により、アルピーヌF1チームは現在のリザーブドライバーであるオスカー・ピアストリを来年のレースシートに昇格させるために迅速に動いた。

しかし、アルパインF1チームがオスカー・ピアストリの起用する声明(これにはピアストリ自身の言葉は含まれていなかった)を発表してからわずか2時間後、ピアストリは、2023年にアルパインF1チームで運転しないという彼自身の声明を発表した。

RacingNews365.com は先週、パフォーマンスの低いダニエル・リカルドの代わりに、2023 年にマクラーレンでレースする契約にピアストリが同意したことを明らかにしている。

現在、アルピーヌF1チームの適切な立場にある情報筋は、RacingNews365に対し 、オスカー・ピアストリはチームとF1 契約を結んでいないと語った。

オスカー・ピアストリは、2021年11月にアルピーヌと契約を結んだ。この契約には、ピアストリに対するチームの義務を概説する条項が含まれていた。

これらの義務には、オスカー・ピアストリにF1マシンで一定数のキロメートルのテスト機会を与えることが含まれていた。RacingNews36は、それは3,500 km を超えるものであり、彼のために費用を支払い、2022 年にアルピーヌF1チームのリザーブ ドライバーにすることも含まれていたと報じている。

アルピーヌがこれらの義務を果たした場合、F1チームには、2023年のレースシートにオスカー・ピアストリを配置するオプションが存在している。

しかし、重要なことに、この契約はF1チームではなく、オスカー・ピアストリとアルピーヌのドライバーアカデミーの間のものだった。F1契約ではなかったことで、この契約はF1の契約承認委員会(CRB)に登録されなかったことを意味する。

したがって、マクラーレンがオスカー・ピアストリと契約を結び、CRBにピアストリとの契約を提出したとき、アルパインもマクラーレンもCRBから紛争の通知を受け取らなかった。

マクラーレンは現在ランド・ノリスとダニエル・リカルドと2023年の契約を結んでいるが、RacingNews365はマクラーレンがダニエル・リカルドとの契約を解除する意向だと報じている。

契約解消の条件については現在交渉が進行中だが、ダニエル・リカルド陣営が約2100 万ドル(約28億円)の金銭的補償を求めていると複数のメディアが報じている。

アルピーヌF1が利用できる唯一の選択肢は、民事裁判所で問題を追求することになる。アルピーヌの親会社であるルノー・グループはフランスに登録されており、アルピーヌF1チームはイギリスに本社を置いているため、どちらの管轄権が支配されるかは不明だ。

アルピーヌがこの問題を民事裁判所で追求することを決定した場合、F1チームは、2023年にオスカー・ピアストリにアルパインでドライブすることを義務付ける判決ではなく、主にピアストリを失ったことに対する金銭的補償を求めることになると理解されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / アルピーヌ