マーク・ウェバー、オスカー・ピアストリのアルファタウリF1の噂を否定
元レッドブルのF1ドライバーであるマーク・ウェバーは、オスカー・ピアストリがレッドブルF1の育成プログラムと契約するという噂を否定した。

現在、マーク・ウェバーは、F1の“シリーシーズン”の中心にいるオスカー・ピアストリのマネージャーを務めている。

2019年からアルピーヌF1チームの育成プログラムに所属し、今季はリザーブドライバーを務めていたオスカー・ピアストリだが、フェルナンド・アロンソの後任として2023年にレースドライバーに昇格することを拒否した。

当初、フェルナンド・アロンソの残留を確信していたアルピーヌF1チームは、オスカー・ピアストリをウィリアムズF1に2年間ローン移籍させようとしていた。

しかし、その間にダニエル・リカルドのマクラーレンF1離脱の可能性を察知したマーク・ウェバー率いるオスカー・ピアストリのマネジメントチームは、マクラーレンへのレースシート昇格が盛り込まれたリザーブドライバー契約をマクラーレンと結んでいたとされる。

一方で、アルピーヌF1チームとオスカー・ピアストリの契約の有効期限は2022年までであり、2023年の権利をアルピーヌF1チームは有していないとされている。

マクラーレンとアルピーヌF1チームの双方の主張はCRB(契約承認委員会)で審議されると見られているが、最新の噂ではレッドブルF1の育成プログラムに移籍し、角田裕毅のアルファタウリのF1シートを狙っているとの憶測が府住している。

元レッドブルF1のドライバーとして、マーク・ウェバーとヘルムート・マルコのつながりは役立つかもしれない。今でもウェバーは、レッドブルのアスリートであり、エナジードリンクのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツと良好な関係を築いている。

また、マーク・ウェバーは、ポルシェのアンバサダーでもあり、ポルシェはレッドブル・レーシングを買収し、2026年にレッドブルともにF1パワーユニット事業に参加する予定となっている。

したがって、マーク・ウェバーは、オスカー・ピアストリのドライバー契約だけでなく、レッドブルとポルシェの契約にも関与しているのではないかと噂されている。

レッドブルとポルシェとの契約への関与について「いやいや、それは飛躍しすぎだ」とマーク・ウェバーはコメント。

「絶対に違う」

一方、今回のオスカー・ピアストリの騒動のきっかけとなったセバスチャン・ベッテルのF1引退について元レッドブルチームメイトであるマーク・ウェバーは、F1引退の決定は「明白」だったと語る。

「彼にとって適切な時期だった。適切なタイミングだ」とマーク・ウェバーは語った。

「彼はそれを後悔していない」

フェラーリからアストンマーティンF1に移籍するというセバスチャン・ベッテルの決定が間違いだったかどうか質問されたマーク・ウェバーは「そうかもしれない。だが、私は選手ではないので言えない」とコメント。

「彼がサインしたとき、彼はおそらく引退する準備ができていなかった。彼は当時32歳だった。だから、彼がモータースポーツで何か他のことをしたとしても私は驚かないだろう」

「フォーミュラEは彼にぴったりだろう。冗談ではなくね」

「しかし、彼はこれから家族と多くの時間を過ごすんだと思う。それは非常に理解できることだ。彼は、トレッドミルを降りて、何か他のことをするのがどのようなものかを見ていくんだろう」

「彼には考える時間がある。彼は信じられないほど成功した男だし、非常に裕福です。彼には多くの機会と選択肢がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / レッドブル / マーク・ウェバー