オスカー・ピアストリ、アルファタウリF1の角田裕毅のシートを狙う?
オスカー・ピアストリが、2023年にアルファタウリF1の角田裕毅のシートを狙っているという仰天プランが報じられている。

F3とF2でそれぞれ初年度でチャンピオンを獲得したオスカー・ピアストリは、間違いなく近年の若手のなかで最も将来性のあるドライバーの1人。アルピーヌF1チームは、ピアストリを育成ドライバーとして囲い込み、将来のワークスF1チームを引っ張るスターに見据えていた。

今年、アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがシートを占めていたため、オスカー・ピアストリはリザーブドライバーとしてチームに帯同し、旧型F1マシンをテストして来るF1デビューに備えていた。

当初はフェルナンド・アロンソが2023年もチームに残留することが濃厚であり、アルピーヌは、オスカー・ピアストリを下位チームであるウィリアムズにローン移籍することを計画していた。だが、元F1ドライバーのマーク・ウェバーが率いるオスカー・ピアストリのマネジメントチームはその状況に不満を抱き、マクラーレンでうまくいっていないダニエル・リカルドのシートに着目。事前契約を取り付けつけたとされる。

しかし、その状況はセバスチャン・ベッテルの2022年シーズン限りのF1引退によって急変。フェルナンド・アロンソはアストンマーティンF1へと移籍を決断した。

そして、アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソの後任として2023年にオスカー・ピアストリをレースドライバーに昇格させることを発表。しかし、ピアストリ側はそのような契約は結んでいないと否定。泥沼劇がスタートした。

今のところ、オスカー・ピアストリは、マクラーレンのシートを獲得するか、アルピーヌF1チームに残ることを余儀なくされるかの2択だと考えられているが、その背景で3番目のチームが煙のように浮上した。

英国のTimesによると、マネージャーであるマーク・ウェバーは、オスカー・ピアストリをアルファタウリF1に配置しようとレッドブルに打診したと報道。

マーク・ウェバーはレッドブルとのつながりが強い。チームがF1チャンピオンシップを獲得した2010 ~ 13 年のチームのためにドライブしただけでなく、今でもレッドブルのアスリートであり、エナジードリンクのオーナーであるディートリッヒ・マテシッツと良好な関係を築いている。

また、マーク・ウェバーは、ポルシェのアンバサダーでもあり、ポルシェはレッドブル・レーシングを買収し、2026年にレッドブルともにF1パワーユニット事業に参加する予定となっている、

現在、アルファタウリF1のドライバーを務める角田裕毅は、今シーズン限りで現行契約が満了する。

その一方で、角田裕毅にはホンダという後ろ盾がある。レッドブルは今週、ポルシェがエンジン業務を引き継ぐ2026年までホンダとの技術パートナーシップを延長。ホンダとの新しいマーケティグ計画を発表する態勢を整えていると発表した。

角田裕毅はホンダが支援するドライバーであり、彼が急速にランクを上げたのは、レッドブルとホンダとの関係が一因だった。

アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは先月、角田裕毅の今年のフォームの改善と、6月末から7月初旬にかけての一連のクラッシュにもかかわらず、シートを維持する「良いチャンス」があると語った。

一方、ピエール・ガスリーは、2023年もアルファタウリF1に残ることを6月に発表したばかり。そして、セルジオ・ペレスが2024年末まで契約を結んでいることから、2023年限りでレッドブルファミリーを離れることが濃厚とされている。

マクラーレンとほぼ同等のアルピーヌF1チームとの関係を断ち切って、今シーズンここまでコンストラクターズチャンピオンシップで8位に沈んでいるアルファタウリに切り替える必要があるかは疑問だが、アルファタウリには将来のレッドブル・レーシング昇格という可能性がある。F1ワールドチャンピオンを目指すのであれば、レッドブルに在籍するのが最もその近道と言える。

したがって、2023年は角田裕毅をリザーブに降格させ、ピエール・ガスリーとオスカー・ピアストリという布陣で挑み、2024年にオスカー・ピアストリと角田裕毅を組ませ、2025年にどちらかをマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングに昇格させるという絵を描くこともできるかもしれない。

おそらく、2026年にレッドブルがポルシェとパートナーシップを組むことになれば、レッドブルのジュニアドライバーはホンダ系の日本人から、ポルシェ系のドイツ人ドライバーへと入れ替わることになるはずだ。

現状、レッドブルは、マックス・フェルスタッペンがいればいい。オスカー・ピアストリ獲得をちらつかせて、角田裕毅を乗せ続けたいホンダとの関係が終了する2025年末まで条件面で有利なスポンサー契約を締結することができるかもしれない。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「角田裕毅はまだ決まっていないが、彼は我々のリストの1位だ」と語っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / オスカー・ピアストリ / アルファタウリ