ニック・デ・フリース、セーフティカー中の“不規則なドライビング”で叱責 / F1イタリアGP 決勝
ニック・デ・フリースは、F1イタリアGPでの初レースの後、スチュワードに召喚され、“不規則ななドライビング”で叱責を受けた。

アレクサンサー・アルボンが虫垂炎で欠場を決定した後、ウィリアムズに招集されたニック・デ・フリースは、デビュー戦でポイントを獲得するべく、レースのほぼ全体を周冠宇から防護することに費やし、9位でチェッカーを受けた。

周冠宇はレースの大部分でニック・デ・フリースから1秒以内にいたが、ピエール・ガスリーの後ろで2人のDRSトレインに巻き込まれたため、攻撃を仕掛けることができなかった。

スチュワードが言及したインシデントの時間は、レース終了時のセーフティカー期間中の現地時間 16:15 に登録された。

これは、ニック・デ・フリースがセーフティカーの後ろでピエール・ガスリーの後ろで突然速度を落としたためだ。ドライバーはマーシャリングセクターごとに最低1回(マーシャリングセクターは、FIAライトパネルのそれぞれの間の走路区間と定義される)、FIA ECUが設定する最小時間を上回って走行しなければならない。

ニック・デ・フリースとウィリアムズから事情聴取を行ったF1スチュワードは、ドライバーが車に搭載されたすべてのシステムに完全に精通しておらず、チームからアドバイスを受けていなかったことを認めて、彼を叱責にとどめた。

「ドライバーは、セーフティカーの下で2周した後、デルタタイムを下回る危険性があるとディスプレイに表示された理由がわからないとアドバイスを求めた」

「同時に、彼はブレーキの問題に対処しており、この問題についてチームと無線で連絡を取り合っていたので、彼のデルタに関してチームから何のアドバイスも得られなかった」

「そのため、彼はデルタタイムを上回るためにスピードを落とした」

「スチュワードは、ドライバーが通常のチームドライバーの『土壇場』での交代であり、このイベントのFP3で初めてこの車を運転したという事実に注目した。緩和策として、スチュワードは、より高いペナルティではなく、叱責のペナルティを課すことを決定した」」

デ・フリースは、一連のペナルティによりレース前の順位が入れ替わった後、8番グリッドからスタートしたが、ダニエル・リカルド、ピエール・ガスリー、ランド・ノリスからDRSトレインの最後尾にとどまり、周冠宇はやや後方にいた。

レース中、ニック・デ・フリースは境界線の白線を3回超えたとして、トラックリミットの白黒旗も提示された。

ピットストップフェーズの後、ニック・デ・フリースはピエール・ガスリーの後の10番手を走行していたが、ガスリーに攻撃を仕掛けるのに十分なスピード差はなかった。

これにより、わずかに遅れていた周冠宇が、ピットストップ後にDRSトレインに参加するために必要な1秒の壁の範囲内に戻った。

周冠宇は引き続きニック・デ・フリースにプレッシャーをかけたが、マックス・フェルスタッペンが二人を周回遅れにするために現れたとき、周冠宇はスムーズに対応できず、デ・フリースにいくらかの休息を与えた。

セーフティカーの下でレースが無力化されたため、ニック・デ・フリースは9位でラインを越えて2ポイントを獲得し、ドライバーズチャンピオンシップでかつてのチームメイトであるニコラス・ラティフィを上回り、ウィリアムズにシーズン6ポイント目をもたらした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニック・デ・フリース / ウィリアムズ / F1イタリアGP