ニキータ・マゼピン、F1復帰を望みつつもラリー転向お視野
ニキター・マゼピンは、F1復帰を望みつつも、オフロードラリーでモーターレースのキャリアを維持する可能性があると語った。

ロシアのウクライナ侵攻にハースF1チームが台頭し、タイトルスポンサーのウラルカリとの関係を断ち切ったことで、ニキータ・マゼピンは突然F1シートを失うことになった。

「侵略が起こらなかったら、すべては同じままだっただろう」とハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは語った。

「我々は本当にこの状況を機能させようとしていた。しかし、爆撃され、撃たれたばかりの人々のメディア写真を見たとき、これはうまくいかなかった」

23歳のニキータ・マゼピンと彼の億万長者のオリガルヒの父であるドミトリー・マゼピンは、ヨーロッパ全土で制裁措置を受けており、最近ではイタリア当局によって1億ユーロのサルデーニャの財産を押収された。

「僕のキャリアは一時停止している」とニキータ・マゼピンにRia Novosti に語った。

「でも、僕はモータースポーツに18年間携わっていて、離れるつもりはない。体調を整えているし、F1に戻ることを望んでいる」

「それがうまくいかない場合は、4輪でレースするための他のオプションを検討する。砂漠でのレースに興味がある。ダカールは可能性としてある。シルクウェイラリーもね」

それまで、ニキータ・マゼインは「ポジティブ」であり、西側の制裁の下で苦労している他のロシアのアスリートを支援する新しい財団に「週5日」で取り組んでいると語る。

「僕の人生はたった1か月で劇的に変わった」とニキータ・マゼピンは語った。

「年末までにはまだ何ヶ月もある。どれだけ多くのことが起こり、変化するか想像できる?」

「でも、僕は自分のキャリアを継続するつもりだ。これまでのところ、ロシア国内での大会を目指している」

「僕はは人生のすべての悪いことには始まりと終わりがあると心から信じている。そして、この悪い段階にも終わりは来るだろう

「僕は複数のヘルメットを持っているし、F1に戻りたいと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース