ラルフ・シューマッハ 「マゼピンはまだF1のための技能が足りていない」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ニキータ・マゼピンはまだきちんとF1に適応できていないと考えており、甥のミック・シューマッハのペースが速いことも問題の助けになっていないと語る。

F1デビューシーズンのニキータ・マゼピンは、一連のスピンや仲間のドライバーを妨害することで批判され、先週末のF1ロシアGPでは、角田裕毅をウオールに追いやった“スポーツマンシップに反する”行為について、F1レースディレクターのマイケル・マシから警告を受けた。

ハースF1のマシンに戦闘力はなく、二人は最後尾でチームメイト同士の戦いを繰り広げているが、F1ロシアGPの予選ではミック・シューマッハがニキータ・マゼピンを4秒も上回った。

ラルフ・シューマッハは、コース上のこのパフォーマンスの違いが、ニキータ・マゼピンにチームメイトであるミック・シューマッハを倒さなければならないという想いを強くさせていると考えている。

「以前よりは間違いなく和解的だ」とラルフ・シューマッハは、ニキータ・ゼピンとミック・シューマッハとの関係について F1-Insider.com に語った。

「だが、彼が『僕はミックよりも優れている。僕やレーシングドライバーとしての僕に対する批判は間違っている』と思って自分を力強く見せたがっているのは変わらない」

「私にとって、彼はまだ技能が足りていない。多くの点で、彼はまだ成長しておらず、まだマシンの問題が多すぎることがわかる。彼はまだ状況をコントロールできていない」

ラルフ・シューマッハは、ルーキーシーズンにニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの仕事の仕方が違いをもたらし、特にミックのF1に適応した前向きな方法が、マゼピンの心に重くのしかかるっていると感じている。

「マゼピンはF2で彼が運転できることを証明した。問題は彼のアプローチだけだ」とラルフ・シューマッハは語った。

「ミックのアプローチは非常に切り離されており、落ち着いている。エンジニアは、彼が最初からコンテキストを理解し、それに取り組み、予想よりも早く成長し、多くの可能性を見ることができると言っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ラルフ・シューマッハ / ハース