ニキータ・マゼピン、アルファロメオF1にスポンサーとともに移籍?
ニキータ・マゼピンは、強力な財政支援とともにアルファロメオF1に移籍する可能性があることをほのめかしている。

父親のドミトリー・マゼピンの会社であるウラルカリがタイトルスポンサーを務めているハースF1でデビューしたニキータ・マゼピンだが、チームメイトのミック・シューマッハとあからさまな対立が続いている。

Match TV のコメンテーターを務めるマゼピンと同じロシア出身のアレクセイ・ポポフは「ジェンソン・バトンは彼が危険だと言っている。そして、ラルフ・シューマッハはF1にはニキータの居場所はないと考えている」と語った。

「だが、多くの人は、責任の所在は両方にあり、ミックは彼が外の世界に見せたいと思っているほど良い子ではないと考えている」

アレクセイ・ポポフは、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの問題は、彼らの関係ではなく、ハースF1の2021年マシンの遅いペースにあると考えている。

「彼らはハースで何ができるだろう? 何もない。経験豊富なグロージャンとマグヌッセンでさえできなかった」とアレクセイ・ポポフは語った。

「では、話せることには何があるだろう? 唯一のことはチームメイトを追い抜くことであり、当然のことながら苦労するだろう。」
ニキータ・マゼピンは、2022年のドライバーの噂について、インスタグラムの最新のストーリーで、ハッシュタグ #NM99 にウィンクの絵文字と添えて投稿。

それは、ニキータ・マゼピンがアルファロメオF1のアントニオ・ジョヴィナッツィのコックピットを狙っていることをほのめかしている解釈する人もいる。

ミック・シューマッハの叔父であるラルフ・シューマッハは、ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーが、チームにもたらされたお金のためにニキータ・マゼピンを擁護しているだけかもしれないと感じている。

「正確な理由は分からない、父親がそこに多額の投資をしているためか、すでに株式を持っているためかもしれない」とラルフ・シューマッハは Sky Deutschland に語った。

「私の意見では、チームのボスがニキータのそばに立ち続ける唯一の理由は経済的利益である可能性がある。ミックとの関係で彼のパフォーマンスを見ると、それが理由にはなり得ない」

ニキータ・マゼピン F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / アルファロメオ・レーシング