ニキータ・マゼピン、シューマッハに激怒「故意に決まり事を破った」 / F1オランダGP 予選
ニキータ・マゼピンは、F1オランダGPの予選でハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハが故意に決まり事を破って自分の予選を台無しにしたと怒りを露わにした。

ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハは、Q1の終盤に最後のコーナーでトラックポジションを得るために押し合いへし合いを繰り広げ、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)のQ1アタックを妨害した。

ニキータ・マゼピンは、ミック・シューマッハの前でピットレーンを離れたが、ラップの後半にチームメイトに追い抜かれた。

ニキータ・マゼピンは、ミック・シューマッハが、チームの決まり事を破ったと激怒。ハースF1は、予選で最初にガレージを離れるドライバーを交代で決めている。

「正直、本当に腹が立っている。トラフィックはそこまで難しくなかったはずだ。F1チーム内のルールとして、ある週で最初のマシンは、次の週は2番目というルールがある」とニキータ・マゼピンはコメント。

「今週末は最初のマシンは僕の番だった。2番目のときにイモラで最初のマシンを追い抜いたことがあり、チームから厳しく叱責された。。今、これが2番目のチームに起こった。彼は私を追い越し、僕をトラフィックにぶつけて、故意に最後の予選のアテンプトを潰した。1度やられれば、それがよろしくないことはわかるはずなので、2回目は故意だ。納得できない。緊張関係は好きではないけど、そのようなことをするべきではない」

だが、ミック・シューマッハは、ニキータ・マゼピンを追い抜くことをチームから許可を得ていたと明らかにした。

「僕たちはそれについてチームと話した、ピットレーンを通過してタイヤが冷えていた。通常、僕がすることはより速いアウトラップをすることだ」とミック・シューマッハは説明した。

「そのとき、ニキータは遅いアウトラップをしていたので、追い越しを要求して、OKをもらった。十分な早期にそれをした」

「僕たちの間にランドもいたので、最後のコーナーで起こった混乱は本当に理解できない。明らかに、それはみんなにとっていくつかのことを台無しにした」

ミック・シューマッハは、F1に昇格して以来、彼の良き友人でありメンターであるセバスチャン・ベッテルに謝罪したと語った。

「もちろん、ごめんと伝えた」とミック・シューマッハは付け加えた。

「僕が一番邪魔したくない人だということを彼が分かってくれていると思う。残念だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニキータ・マゼピン / ハース / ミック・シューマッハ / F1オランダGP