ニコラス・ラティフィ 「2022年がF1での最後のシーズになるかもしれない」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年がF1での彼の最後のシーズンになる可能性があることを認めた。

ニコラス・ラティフィは、パフォーマンスの悪さのためによってウィリアムズF1によって追放されるという噂について語った。

「噂と批判はゲームの一部だ」とニコラス・ラティフィはシルバーストンでRTLに語った。

「しかし、書かれていることすべてを信じるなら、僕のシーズンはモントリオールの後で終わっていただろう」

「僕たちは事実に固執する。明日はヨースト・カピートと話をします」とウィリアムズF1のチーム代表に言及してニコラス・ラティフィは付け加えた。

主要なチームスポンサーであるソフィナ・フーズの形でウィリアムズF1にかなりの支援をもたらした27歳のニコラス・ラティフィは、彼のキャリアが危険にさらされていることを認める。

「今年のパフォーマンスを見ると、来年は実際にF1でドライブできないかもしれない」とニコラス・ラティフィは認める。

「しかし、来シーズンはウィリアムズでドライブする可能性も非常に高いで」

ニコラス・ラティフィは、シルバーストンでの新しいレッドブル型のアップデートがチームメイトのアレクサンダー・アルボンのみ与えられるという事実を軽視した。

「最初は1台の車でしかアップグレードできないのが一般的だ」とニコラス・ラティフィは語った。

「もちろん、僕もそれを使いたかったけどね。それが重要な変化であり、僕たちに違いをもたらすことを願っている」

F1イギリスグランプリの予選で今季初めてQ3に進出したニコラス・ラティフィだが、決勝は12位で終えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ