【動画】 F1バーチャルGP 第2戦 決勝ハイライト
F1 Esports Virtual Grand Prixの第2戦 F1バーチャルGPが4月5日(日)に開催された。

F1は、新型コロナウイルスの世界的な流行による2020年のF1世界選手権の中断期間を利用して、ファンを楽しませるために新しいeスポーツイベント『F1 Esports Virtual Grand Prix』を開催している。

バーチャルGPは、コードマスターズが開発した公式ゲーム『F1 2019』を使用。本来ならばベトナムGPの代わりにハノイ・サーキットが舞台としてF1バーチャル・ベトナムGPとしたいところだが、ゲームにまだ収録されていないため、オーストラリアのアルバート・パークを舞台に行われた。

第1戦は現役F1ドライバーが2名しか参加しなかったバーチャルGPだが、第2戦はランド・ノリス(マクラーレン)、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)と6名の現役F1ドライバーが参加。また、2009年のF1ワールドチャンピオンだるジェンソン・バトンがマクラーレンから参加。ストフェル・バンドーン、エステバン・グティエレス、アンソニー・デビッドソン、ジョニー・ハーバートとF1経験者が参加した。

予選ではルノーの育成ドライバーであるクリスチャン・ランドガードが、シャルル・ルクレールとジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)に先んじてポールポジションを獲得したが、予選中に接触に対して5グリッド降格ペナルティを科せられ、ルクレールがポールに昇格した。シャルル・ルクレールはこのアドバンテージを生かして、オープニングラップで快適なレースリードを築き。29周全体にわたってそのリードを維持した。2位にはクリスチャン・ランドガード(ルノー)、3位にはジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)、4位にはシャルル・ルクレールの弟アーサー・ルクレール(フェラーリ)が続いた。

中盤ではアレクサンダー・アルボンとジェンソン・バトンとホイール・トゥ・ホイールの激しいバトルをみせた。ちなみにランド・ノリスは決勝前にPCに技術的なトラブルが発生。F1バーチャルGPには参加しないことを公言しているマックス・フェルスタッペン(レッドブル)からのアドバイスでゲームをアンインストールした。

優勝したシャルル・ルクレールは「信じられないくらい大変だったよ。私は狂ったように汗をかいている。素晴らしいレースだった。8日前にゲームを購入したけど、かなりの時間を費やしてきた。毎日少なくとも5時間はやったね」と語った。


F1バーチャルGP 第2戦 結果
1位:シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2位:クリスチャン・ランドガード(ルノー)
3位:ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
4位:アーサー・ルクレール(フェラーリ)
5位:アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
6位:ストフェル・バンドーン(メルセデス)
7位:ルイ・デレトラズ(ハース)
8位:アレクサンダー・アルボン(レッドブル)
9位:ジミー・ブロードベント(レーシングポイント)
10位:ピエトロ・フィッティパルディ(ハース)
11位:ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)
12位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)
13位:ルカ・サルバドーリ(アルファタウリ)
14位:ナンジオ・ツディスコ(アルファタウリ)
15位:アンソニー・デビッドソン(レーシングポイント)
16位:アンドレ・ハイムガートナー(ルノー)
17位:ジョニー・ハーバート(アルファロメオ)
18位:ベン・ストークス(レッドブル)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画