F1 ケビン・マグヌッセン カナダGP
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、F1カナダGPの予選Q2終了間際に“ウォール・オブ・チャンピオンズ”でクラッシュ。決勝はピットレーンからスタートすることになった。

予選Q2で10番手タイムを記録していたケビン・マグヌッセンだったが、最後のアタックでクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、チームメイトのロマン・グロージャンやマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はタイムを更新できずにQ2で敗退している。

ハースF1チームは、マシンの損傷を評価。シャシー交換が必要となり、ケビン・マグヌッセンはピットレーンからスタートすることになった。

ハースF1チームのプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは「かなり大きなダメージだ。シャシーを交換する必要がある。ピットレーンからスタートすることになるのは明らかだ」とコメント。

「ギアボックスを交換する必要がある。C5タイヤで後方からスタートしようとしても意味はない。ピットレーンからスタートする」

「最善の方法はシャシーを交換することだ。元通りにして、ピットレーンからスタートするのが最速かつ最も安全な方法だ」

ケビン・マグヌッセンは「ウォールにぶつかってしまった。リアサスペンションが破損して、そのあとピットウォールの方に向かって大クラッシュした」とケビン・マグヌッセンはコメント。

「僕たちは速かったし、Q3に進んでいる。改善していた。接戦になることはわかっていたので、全力でプッシュしようとしていた。パワーをかけるのが少し早すぎた。そこからはもうどうしようもなかった。チームには本当に申し訳ない。大仕事をお願いすることになってしまった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画 / F1カナダGP / ケビン・マグヌッセン / ハース