F1 ジョージ・ラッセル
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目に外れたマンホールの蓋によってマシンを破損させるというトラブルに見舞われた。

セッション開始から10分が経過した頃、ジョージ・ラッセルのマシンがストレートを走行中に突然マシンが破損。マンホールの蓋が外れたことで、マシンの底面が砕け散った。

コース上にはデブリが散乱し、赤旗中断となった後、該当するマンホールや他の部分の安全性を確保するためにフリー走行1回目は中止となった。

ウィライムズは、ジョージ・ラッセルのマシンはシャシー交換が必要となり、レギュレーションによりフリー走行2回目には出走しないことを確認している。

関連:F1アゼルバイジャンGP | マンホールでラッセルがマシン破壊でFP1中止

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1動画 / ウィリアムズ / F1アゼルバイジャンGP / ジョージ・ラッセル