MotoGP
2019年のMotoGP公式テストが2月7日(木)セパン・インターナショナル・サーキットで2日目を迎え、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がトップタイムをマークした。

路面温度が58度に上昇したドライコンディションの中、63周を走行したマーベリック・ビニャーレスは、1分58秒897を記録。チームメイトのバレンティーノ・ロッシは、周を走行して、0.728秒差の6番手だった。

ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロは14番手タイム、フランコ・モルビデリは1コーナーで転倒を喫して15番手タイムだった。

スズキのアレックス・リンスは、2日間連続して61周を走行して0.527秒差の2番手。ルーキーのジョアン・ミルは21番手。

ジャック・ミラー(アルマ・プラマック・レーシング)は、0.620秒差の3番手に浮上し、ドゥカティ勢とインディペンデントチームライダー勢の最高位を記録。アンドレア・ドヴィツィオーゾは、3レース分の距離となる60周を走行して0.665秒差の4番手。ティト・ラバットは、最多の75周を走行して7番手。ダニロ・ペトルッチは9番手。フランセスコ・バグナイアは、1コーナーで転倒を喫して12番手。カレル・アブラハムは22番手だった。

カル・クラッチロー(LCR・ホンダ)は、53周を走行して0.669秒差の5番手。マルク・マルケス(ホンダ)は0.893秒差の8番手。中上貴晶は、1.069秒差の10番手。

KTM勢ではヨハン・ザルコ(KTM・テック3)が1.076秒差の11番手して初めてKTM勢の最高位を記録、ポル・エスパルガロは、セッション開始早々に1コーナーで転倒を喫して17番手に後退。ミゲール・オリベイラは20番手。ハフィス・シャリンは25番手。

アプリリアのアレイシ・エスパルガロは、1.204秒差の13番手。アンドレア・イアンノーネは18番手だった。

Pos.No.ライダーチームバイクタイム
112マーベリック・.ビニャーレスモンスターエナジー・ヤマハMotoGPヤマハ1分58秒897
242アレックス・リンスチーム・スズキ・エクスタースズキ1分59秒424
343ジャック・ミラーアルマ・プラマック・レーシングドゥカティ1分59秒517
44アンドレア・ドヴィツィオーゾミッション・ウィノウ・ドゥカティドゥカティ1分59秒562
535カル・クラッチローLCRホンダ・カストロールホンダ1分59秒566
646バレンティーノ・ロッシモンスターエナジー・ヤマハMotoGPヤマハ1分59秒625
753ティト・ラバットレアーレ・アビンティア・レーシングドゥカティ1分59秒664
893マルク・マルケスレプソル・ホンダ・チームホンダ1分59秒790
99ダニロ・ペトルッチミッション・ウィノウ・ドゥカティドゥカティ1分59秒845
1030中上貴晶LCRホンダ・イデミツホンダ1分59秒966
115ヨハン・ザルコレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM1分59秒973
1263フランセスコ・バグナイアアルマ・プラマック・レーシングドゥカティ1分59秒995
1341アレイシ・エスパルガロアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアプリリア2分00秒101
1420ファビオ・クアルタラロペトロナス・ヤマハSRTヤマハ2分00秒108
1521フランコ・モルビデリペトロナス・ヤマハSRTヤマハ2分00秒151
166ステファン・ブラドルホンダ・テスト・チームホンダ2分00秒230
1744ポル・エスパルガロレッドブルKTMファクトリー・レーシングKTM2分00秒305
1829アンドレア・イアンノーネアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニアプリリア2分00秒510
1966ミカ・カリオレッドブルKTMファクトリー・レーシング・テストチームKTM2分00秒523
2088ミゲール・オリベイラレッドブルKTMテック3KTM2分00秒672
2136ジョアン・ミルチーム・スズキ・エクスタースズキ2分00秒876
2217カレル・アブラハムレアーレ・アビンティア・レーシングドゥカティ2分01秒245
2331ヤマハ・テスト1ヤマハ・テスト・チームヤマハ2分01秒406
2450シルバン・ギュントーリスズキ・テスト・チームスズキ2分01秒654
2555ハフィス・シャーリンレッドブルKTMテック3KTM2分01秒859
2632ヤマハ・テスト2ヤマハ・テスト・チームヤマハ2分02秒989
2785津田拓也スズキ・テスト・チームスズキ2分03秒276


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP