MotoGP アラゴンGP 結果
MotoGP 第14戦 アラゴンGPの決勝レースが9月23日(日)にモーターランド・アラゴンで行われ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が優勝を飾った。

30.5℃、45.8℃のドライコンディションで23周のレースはスタート。1コーナーでポールポジションからスタートしたホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)がハイサイドを起こして転倒リタイアするという波乱の幕開け。ロレンソはこの転倒で右足の親指を脱臼した。

ホールショットを奪ったのは3番グリッドからスタートしたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。だが、すぐにアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)を奪う。その後ろではアレックス・リンスとアンドレア・イアンノーネのスズキ勢がチームメイト同士で3位争いを繰り広げる。5番手にはダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)が続きチャンスを狙う。

レースはしばらく膠着状態が続いたが、残り10周でマルク・マルケスが12コーナーでアンドレア・ドヴィツィーゾを抜いてトップに浮上。だが、2周後に再びドヴィツォーゾがポジションを取り戻す。バトルの間にアンドレア・イアンノーネが上位2台との差を縮める。

残り4周で上位3台が3つ巴の戦いを展開。だが、ドヴィツィオーゾ、マルケス、イアンノーネの順は変わらない。

抜きつ抜かれつのバトルのなか、残り3周でマルク・マルケスがトップに浮上。そのままリードを守りトップでチェッカー。4戦ぶりとなる今シーズン6勝目、アラゴンでは3年連続の優勝。2位にはアンドレア・ドヴィツィオーゾ、3位にはアンドレア・イアンノーネが入り、表彰台を獲得した。

以下、アレックス・リンス(スズキ)、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)、アレイシ・アスパルガロ(アプリリア)、ダニロ・ペトルッチ(アルパ・プラマック)、バレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ)、ジャック・ミラー(アルマ・プラマック)、マーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ)までがトップ10入り。

中上貴晶(LCR・ホンダ)は12位でフィニッシュし、今シーズン7度目のポイントフィニッシュを果たした。

ランキングはマルク・マルケスが2461ポイントでトップ。2位には174ポイント差でアンドレア・ドヴィツィオーゾ、3位には159ポイントでバンレンティーノ・ロッシ、4位には130ポイントでホルヘ・ロレンソとなっている。

2018年 MotoGP 第14戦 アラゴンGP 決勝 結果

順位No.RiderTeam
193マルク・マルケスレプソル・ホンダ・チーム
24アンドレア・ドヴィツィオーゾドゥカティ・チーム
329アンドレア・イアンノーネチーム・スズキ・エクスター
442アレックス・リンスチーム・スズキ・エクスター
526ダニ・ペドロサレプソル・ホンダ・チーム
641アレイシ・エスパルガロアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ
79ダニロ・ペトルッチアルマ・プラマック・レーシング
846バレンティーノ・ロッシモビスター・ヤマハ MotoGP
943ジャック・ミラーアルマ・プラマック・レーシング
1025マーベリック・ビニャーレスモビスター・ヤマハ MotoGP
1121フランコ・モルビデリエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS
1230中上貴晶LCR・ホンダ・イデミツ
1338ブラッドリー・スミスレッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング
145ヨハン・ザルコモンスター・ヤマハ・テック3
1517カレル・アブラハムアンヘル・ニエト・チーム
1645スコット・レディングアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ
1712トーマス・ルティエストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS
1855ハフィス・シャリンモンスター・ヤマハ・テック3
1910ザビエル・シメオンレアーレ・アビンティア・レーシング
2081ジョルディ・トーレスレアーレ・アビンティア・レーシング
RT35カル・クラッチローLCR・ホンダ・カストロール
RT19アルバロ・バウティスタアンヘル・ニエト・チーム
RT99ホルヘ・ロレンソドゥカティ・チーム


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP