ロードレース世界選手権 MotoGP 本田技研工業
ホンダ・レーシング(HRC)は、レプソル・ホンダ・チームの新しいチーム・マネージャーとしてアルベルト・プーチが選任されたことを発表した。

アルベルト・プーチは、Hondaマシンでの選手経験が長く、500ccレースでの優勝も果たしており、レース界で最も尊敬されているマネージャーの一人。直近では、HRCアドバイザーとして、アジア・タレント・カップとブリティッシュ・タレント・カップの監督を務めた。

アルベルト・プーチは2018年1月28日から30日にかけてマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで行われる今シーズン最初のMotoGPテストから着任する。

新たに設けられたレプソル・ホンダ・チームのチーム・マネージャーとして、アルベルト・プーチは、桒田哲宏HRC取締役 レース運営室室長の直下に位置づけられる。また、アルベルト・プーチとテクニカル・マネージャーの横山健男がHRCとしてのレース運営全般を担うこととなる。

桒田哲宏 (HRC取締役 レース運営室室長)
「アルベルトがレプソル・ホンダ・チームのチーム・マネージャーに就任することをうれしく思います。彼は、まず選手として、後にアドバイザーとして、長年に渡りHRCファミリーの一員として活躍し、さらに、アジア・タレント・カップにも精力的に携わり、若手選手の成長を支援してきました。世界トップレベルのレースで培われた彼の知見、そしてHRCと彼の長きに渡る良好な関係が、MotoGPでの連覇を狙うHRCおよびチームに大いに寄与すると考えています。アルベルトのチーム・マネージャー就任を歓迎するとともに、今後の活躍を期待しています」

アルベルト・プーチ (レプソル・ホンダ・チーム チーム・マネージャー)
「この素晴らしい機会を与えていただいたことを、HRCとレプソル・ホンダ・チームに感謝します。私は、最初は選手として、その後に小排気量クラスのマネージャーとして、そして最近では世界で活躍するHondaのアジア人ライダーのコーチとして、25年に渡りHondaとともにキャリアを築いてきました。今回、MotoGPで最も成功しているチームの一つでチーム・マネージャーとしての仕事をする機会を与えられたことを大変光栄に思っています。最善を尽くし、Hondaが目標を達成するための力になりたいと考えています。ライダーとチームがMotoGPで連覇を果たすことができると確信しています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: MotoGP