ミック・シューマッハ 「ハースF1チームとの2023年の交渉は進行中」
ミック・シューマッハ、ハースF1チームと2023年についての「話し合い」が現在順調に進んでいると認めた。

苦戦しているミック・シューマッハとハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーとの関係は悪化していたが、彼らは今、お互いに穏やかな海にいると語る。

「僕は自分自身を疑ったことはない」とF1レジェンドのミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハはシルバーストンで語った。

実際、ミック・シューマッハは、すべての批判が自分がF1に参加するに値することを「これまで以上に」すべての人に示すように動機づけたと語る。

一方、ギュンター・シュタイナーも「人々が言うこと、彼らが私に言うこと、そして、ミックと私がお互いに言うことは常に異なる」とRTLに語った。

2022年これまでハースF1チームでミック・シューマッハを上回ってきたケビン・マグヌッセンも23歳のシューマッハを擁護する。

「彼に批判を向けるべきではない。彼はただボールを転がし、勢いをつければうまくいくだろう」と経験豊富な29歳のケビン・マグヌッセンは語った。

「ミックはF3とF2でタイトルを獲得した。彼はF1での地位にふさわしいことを証明した。彼は非常に才能がある」

元F1ドライバーのティモ・グロックは、ハースF1チームとテクニカルパートナーのフェラーリが2023年までチームをまとめることに同意することを望んでいると語った。

「ハースでのもう1年は、彼の成長のための正しいステップになるだろう」とティモ・グロックはSky Deutschlandに語った。

一方、ミック・シューマッハは、契約交渉が現在進行中であることを認める。

「話し合いは毎日行われています」とミック・シューマッハは語った。

「それはおそらく夏休みの後またはその間により詳細に踏み込むことになるだろう」

これまでF1でポイントを獲得していなかったミック・シューマッハだが、F1イギリスグランプリでは8位でフィニッシュして待望の初入賞。「メディアからそういった質問から離れて、レースとドライビングという本当に重要なことに焦点を当てることができるのは素晴らしいことだと思う」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース