ミシュラン
ミシュランは、2017年以降のF1公式タイヤサプライヤーへの募集に申請を行ったことが明らかにした。

ピレリとの契約期間が2016年末までとなっており、FIAは2017年から2019年まのF1公式タイヤサプライヤーを募集する手続きを開始した。

参戦を希望するメーカーは6月17日までに提案書を提出しなければならないが、この締切を前に、ピレリに加えてミシュランが新たに申請を行ったことが明らかになった。

ミシュランのモータースポーツディレクターを務めるパスカル・クワノンは「そうだ、我々はエントリーした」と認めた。

「状況を説明すると、これまでF1に関して協議し、いくつかのアイデアを提案してきた。今のタイヤの状況には特に失望しているからだ」

「我々の一貫性と信頼性を保つためには、解決法を提案せずに不平だけを言うべきではないと考えた」

「アイデアがあるのであれば、それを提案することが理にかなっていると考えた。彼らがこれに関心を持つかどうかはこれからわかる」

「少なくとも、これで『批判しているだけで何も行動していない』とは言わることはない。我々は行動を起こした」

パスカル・クワノンは、ミシュランが、タイヤサイズを現在の13インチから18インチに変更し、より耐久性の高いタイヤを使用するという前提で入札を行ったことを認める。

「その提案は全く変わっていない」とパスカル・クワノンはコメント。

「提案を行うにあたり、状況を少し変えようとしている。F1のタイヤのイメージは我々が望むようなものではないし、理にかなったものでもない」

「数周走るだけの目的でタイヤが使われるのは、タイヤ業界にとっていいことではない」

「ショーを盛り上げるのには別の方法があると考えている。ル・マンの週末を見ていると、高いグリップを長く保つハイテクタイヤを使っても良いショーを提供できることがわかる」

ピレリは、すでに昨年18インチタイヤのテストを行っているが、メルセデスやフェラーリの代表者は、F1関係者の中では18インチに変更すべきではないという点で意見が一致していると発言している。

また、バーニー・エクレストンは、ミシュランの復帰はF1にとって良いことではないとの考えを示している。

バーニー・エクレストンは「彼らは自分たちが批判されるような立場に立ちたくないがために、1年も持つような岩のように硬いタイヤを作るだろう」と述べ、ピレリを支持する立場を取っている。

パスカル・クワノンは、バーニー・エクレストンの意向は理解していると述べた。

「もちろん、バーニーが望むことを尊重する。ピレリが良い仕事をしているという意見も理解している。だがチームやドライバーの話を聞くと、必ずしも全員がそういった意見を持っているわけではない」

「ピットストップの回数を増やしたいというのであれば、デグラデーションが大きくないタイヤを使用しながらそれを実現する方法はある。ガイドラインを尊重した解決法を見つける必要があるだろう」

「我々にとって重要なのは、いくつかのアイデアを提案することだ」

「我々はF1を愛している。だが、今の状況を見ると改善できる点がある。自分たちが正しいと言うつもりはない。しかし、少なくとも多少の革新をもたらし、F1に貢献したい」

6月17日までに提出された提案書が技術面および安全面で条件を満たしていた場合、そのメーカーは最終選考に残ることになる。

FIAは、今回の募集で求めているのは単独サプライヤーだとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミシュラン