ミシュラン
ミシュランは、2014年にF1でピレリとタイヤ戦争をすることを除外していない。

現在、F1にタイヤを独占供給するピレリは、バーニー・エクレストンと大部分のチームと2014年の契約をすでに結んでいるが、ミシュランのF1参戦は魅力的と捉えられている。

ミシュランのモータースポーツ責任者パスカル・クアスノンは、ライバルと競争できる場合のみF1に復帰するとの当初の条件を下ろしたと述べた。

「我々が条件のひとつを変えた」とパスカル・クアスノンは le Figaro に述べた。

「現在、我々が単独サプライヤーになることは気にしていない」

「かなり興味深い技術的なチャレンジであり、我々はその準備ができている」

しかし、ミシュランはタイヤ戦争にもオープンだとパスカル・クアスノンは述べた。

「常に言っているように、我々は競争に興味を持っている」

パスカル・クアスノンは、フランス人のジャン・トッド率いるFIAとの交渉はすでに始まっていると述べた。

「我々は世間に対するものと同じ情報を彼らに送った。我々の立場はすでに知られている」

だが、パスカル・クアスノンは、バーニー・エクレストンとの交渉が進行中だとの報道は否定した。

「計画しているバーニー・エクレストンとの会合はない。話し合いがあるとすれば、FIAとバーニー・エクレストンのみならず、各チームも共に進められるだろう」

「このニュースには驚いたが、それに慣れつつある」

「2週間前、我々が何らかの発表を行うために記者会見を開くという記事を目にした。だが、実際に何も起こらなかった。F1には常に多くの噂がある」

「それに加え、私は誰が発表に興味を持つのかわからない。だが、真実としては、我々はラリーと耐久レースに参戦しており、間もなくフォーミュラEにも携わる」

「もちろん、我々はF1を密にフォローしているが、今日のF1はまったく好きではない。私を失望させ、ほぼ怒らせている。数周、もしくは数コーナーでタイヤを交換するなど、自動車産業にとって重要な製品の美しいイメージを提供していない」

また、パスカル・クアスノンは、FIAにはホイールサイズについて歩み寄りの必要があると述べた。

「一つのチャレンジは、より大きいタイヤにすることだろう。F1が18インチリムに移行する準備があるのなら馳せ参じよう! それは間違いなくより強力なコミットメントをするための条件の一つだ」

「必然的に時間な制約はあるし、それは可能ではない。タイヤを製造するための物理的な時間も必要だ。10月末とでも言おうか。遅すぎるかもしれないがね...」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミシュラン | ピレリ