メルセデス・ベンツ メルセデスAMG F1 フランクフルトモーターショー
メルセデスAMGは、公道F1カー『プロジェクト ワン(Project ONE)』をフランクフルトモーターショー2017で発表した。発表会にはF1ドライバーのルイス・ハミルトンも登場した。

メルセデスAMG プロジェクト ワンは、メルセデスAMGの創業50周年を記念して開発されたハイパーカー。現行F1マシンに搭載される1.6リッター V6ターボ“パワーユニット”をミッドシップにレイアウトする。

プロジェクト ワンに搭載されるF1エンジンは、公道では1万1000rpmに制限されるが、MGU-Kによって加速時にはリアアクスルに120kWのパワーが加算され、80kWのMGU-Hがターボラグを軽減。システム全体で1000hp以上のパワーを引き出す。またF1にはない120KWの電気モーターをフロントアクスルに搭載。EVモードも備えて、最大で25kmのゼロエミッション走行を可能にする。

ドアはガルウィングを採用。発表されたカラーリングはメルセデスF1チームと同じ“シルバーアロー”のカラーロングが施されてる。エキゾースト+2本のウェイストゲートもF1と同じレイアウトだ。ステアリングもF1スタイルの形状が採用されている。

メルセデスAMG プロジェクト ワンの推定価格は240万ポンド(約3億4,000万円)とされている。すでに275人が購入にサインしているが、メルセデスAMGは、1日に1台しか生産できず、生産は来年遅くに開始されるという。

メルセデスAMG プロジェクト ワンメルセデスAMG プロジェクトONEメルセデスAMG プロジェクト1Mercedes AMG Project ONEメルセデスAMG Project ONEMercedes AMG プロジェクト ワン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | 自動車ニュース