メルセデスGP
メルセデスGPは、モナコGPでのミハエル・シューマッハの20秒加算ペナルティという決定に対して上訴することを決めた。

ミハエル・シューマッハは、最終ラップの最終コーナーでフェルナンド・アロンソをオーバーテイクしたが、レース後の審議でレギュレーション違反と判断された。

ミハエル・シューマッハにはドライブスルーペナルティの代わりに20秒加算ペナルティが科せられ、6位から12位に後退した。

しかし、メルセデスGPは決定を上訴。今後はFIAの控訴裁判所によって取り扱われることになる。

関連:
ミハエル・シューマッハに20秒加算ペナルティ (F1モナコGP)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス