F1マシン初走行のフレデリック・ベスティをメルセデスF1が絶賛「完璧」
F1アブダビテストでF1マシンを始めて運転したフレデリック・ベスティのパフォーマンスをメルセデスF1チームは「完璧」だと絶賛した。

フレデリック・ベスティは、2021年からメルセデスジュニアチームのメンバーであり、2022年にF2にステップアップし、バクーでのスプリントでの勝利とさらに4回の表彰台を獲得して、ルーキーキャンペーンを9位で終えた。

ヤス・マリーナ・サーキットでのF1ポストシーズンテストで、フレデリック・ベスティはメルセデスを代表してヤングドライバーズテストに参加し、W13のハンドルを握り、初めてF1マシンを運転する機会を与えられた。

フレデリック・ベスティは1日で124周を走り、ルイス・ハミルトンと2023年のタイヤテストを分担していたジョージ・ラッセルより0.024秒速いタイムをマークした。

フレデリック・ベスティの走りを要約するためにメルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターであるアンドリュー・ショブリンが頭に浮かんだのは「完璧」という言葉だった。

「今日は、ジョージとルイスが1台の車で走行し、フレッドがもう1台の車を1日中運転した」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「今朝はジョージが車に乗り、午後はルイスが引き継いだ」

「フレッドは過去1年ほど我々のために多くのシミュレーター作業を行ってきたが、今日はリカルカーとバーチャルカーを比較する最初の機会だtt。彼は完璧な一日を過ごし、ミスを避けることができ、とても楽しかったようだ」

「ピレリは若いドライバーの車に2023年のタイヤも供給していたので、フレッドと一緒にプログラムを実行することで学習を加速することもできた。全体として、成功したテストであり、1,500km近くをカバーした。来年に向けて分析できる多くのデータを収集できた有意義な1日だった」

2023年のARTチームからプレマに移籍すF2シーズンに照準を合わせているフレデリック・ベスティは、F1マシン初走行がどれほど素晴らしかったかを言葉で表すことはできないと語った。

「F1マシンでの最初のテストは、最高の日だった。それがどれほど素晴らしかったか、言葉では言い尽くせない!」とフレデリック・ベスティは語った。

「この機会を与えてくれたメルセデスに感謝したい」

「高速コーナーを時速260キロで走り、首に5Gを体験する…F1カーが生み出す力は驚くべきものだ。今日は124周を走り、マシンを学習し、さまざまなコンパウンドで走ったので、膨大な量のドライビングができた」

「この機会を得たことは非常に重要であり、F1シミュレーターでの仕事だけでなく、F2での次のステップにも役立つだろう。近いうちにまたF1カーを運転できることを願っているし、チャンスをくれたメルセデスに心から感謝している」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス