メルセデスF1、ペトロナスとのタイトルパートナー契約を2026年以降まで延長
メルセデスAMGペトロナスF1チームは、2026 年シーズン以降、チームとプログレッシブエネルギーグループであるペトロナスとの間のタイトルおよびテクニカル パートナーシップの更新したことを発表した。

メルセデスF1チームとペトロナスとの契約更新は、モータースポーツの頂点での20年間の成功に向けたパートナーシップに力を与えるだけでなく、より持続可能な未来へのコミットメントと、2026年のF1パワーユニットレギュレーションによって提示される刺激的な技術的課題に打ち勝つ決意を示している。

パートナーシップの延長は9月28日(水)にマレーシアのクアラルンプールの象徴的なペトロナス タワーで発表された。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「今日、我々は少し変わったことをしている。4年後に始まるパートナーシップを発表する。これは重要なメッセージだ。我々のチームとペトロナスはもはや単なるパートナーではなく、ファミリーであり、今後何年にもわたって1つのチームであり続ける」と語った。

「2026年からは、先進的な持続可能な燃料がF1のパフォーマンスの中心となるだろう。これにより、パワーユニットとPETRONAS Fluid Technology Solutionsの両方を通じて、この分野における当社の専門知識を実証する絶好の機会が得られる。我々はペトロナスと共に未来に向かってレースをすることに興奮しており、我々のトラック上でのパフォーマンスにおいて、そして、グローバルなスポーツチームのネットゼロの未来への移行を開拓することによって、再び基準を設定するという野心を持っている」

2010年以来、メルセデスF1とペナロナスのパートナーシップは、ワールドクラスのパフォーマンスを達成するという共通の野心に基づいて設立された。これまでのほぼ13シーズンの間に8つのコンストラクターズワールド チャンピオンシップと115のグランプリ勝利を一緒に獲得した。これはF1では比類のない成果だ。この成功は、継続的な技術革新によって支えられ、可能になっている。

この経験を通じて、ペトロナスは世界中の消費者向けにクラスをリードする作動油、すなわちペPETRONAS Primax 燃料、PETRONAS Syntium エンジン オイル、PETRONAS Tutela 機能性作動油を開発している。

ペトロナスのプレジデント兼グループ最高経営責任者であるダトゥク・テンク・ムハンマド・タウフィクは「あなたが今日目撃していることは、ペトロナスとメルセデス AMG ペトロナス F1 チームの両方が共有する信念の証しです。両当事者の相乗効果と共有された野心は、責任を持ってスポーツと顧客に、よりクリーンでより持続可能なエネルギーを提供する道筋を提供します」とコメント。

「過去10年間にチームとして蓄積された経験と、才能を結集した技術力と専門知識を考慮して、ペトロナスは、メルセデスとそのカスタマーチームのための高度で持続可能な燃料に焦点を当てた次の章を描くことを楽しみにしています」

「ペナロナスはパートナーと共に、革新的な製品を通じて Fluid Technology Solutionsの限界を押し広げていきます。我々全員が低炭素の未来に向かって前進する中で、我々の取り組みの中心は持続可能性です」

2026年、Fは、より持続可能な未来に向かって競争するという野心を持って、これまでで最も重要な課題を設定した。パワーユニットの50%の電動化と、公道に関連する 100% の先進的な持続可能な燃料の開発を目標とする新しいレギュレーションでは、F1の次の時代をリードする革新的なソリューションが必要になる。

現在、2022年のF1レギュレーションに沿って、ペトロナスはメルセデスとそのカスタマーチームを、二酸化炭素 (CO2) 排出量を全体的に削減する第2世代の非食品ベースのエタノール E10を10%含む、先進的な持続可能なE10 燃料でサポートしている。

ペトロナス・ダウンストリームのエグゼクティブ バイス プレジデント兼最高経営責任者であるダトゥク・サザリ・ハムザは「チームのためにFluid Technology Solutions™を策定する長年のパートナーシップと豊富な経験により、ペトロナスは、次世代パワーユニット向けの100%先進的な持続可能な燃料を生産および供給するための技術を完成させるための能力と能力を完全に備えています」とコメント。

「同じ流れで、航空業界のニーズをサポートするための取り組みにおいて、航空機のためのよりクリーンでより実行可能なオプションとして持続可能な航空燃料(SAF)を供給するために、グリーンフィールドバイオリファイナリーの開発と施設での共同処理をすでに順調に進めています」

これは、2027年までに強制的に発効すると予想される国際航空のカーボン オフセットおよび削減スキーム (CORSIA) と、2030 年までに国際自動車連盟 (FIA) のネット ゼロのコミットメントに沿っている。両方がF1チームの物流業務に影響を与える。

計画されているバイオリファイナリーは、オンロード車両、ディーゼル駆動の列車、および海上輸送用の水素化植物油 (HVO) を生産する運用上の柔軟性と、オンロード車両用に含めるまたはアップグレードできるガソリン範囲の製品も備えている。さらに、ペトロナスは、パートナーの持続可能性目標を支援するための協調的な推進として、EV 充電器や液体、液化天然ガスや太陽光、その他の再生可能エネルギー ソリューションなどの一連のクリーン エネルギー ソリューションも提供していく。

メルセデスAMGペトロナスF1チームのコマーシャルディレクターのリチャード・サンダースは「ペトロナスは我々の遺産と歴史の重要な部分であり、彼らが将来にわたって我々のタイトルおよびテクニカルパートナーとして継続することを嬉しく思います」とコメント。

「ペトロナスとのパートナーシップは現在20年に及び、これが世界のエリートスポーツにおいて最も永続的で成功したスポンサーシップになることを楽しみにしています」

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー