メルセデスF1、フェラーリからコンストラクターズ2位奪取を目指す
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、残り6レースで2022年のF1コンストラクターズチャンピオンシップでフェラーリから2位を奪う可能性はあると考えている。

シーズンの開始以来、新世代F1マシンに影響を与えてきた複雑な問題を克服するためのあらゆる困難にもかかわらず、メルセデスF1チームは、今年すべてのレースでポイントを獲得した唯一のF1チームだ。

先週末のモンツァで、メルセデスF1チームはW13に適さないトラックでフェラーリに敗れたがが、35 ポイント差まで迫っている。これは、メルセデスF1チームがカレンダーの残り6ラウンドで取り戻すのに妥当な赤字であり、さらに重要なことに、残りの6つの会場でうまく機能するとチームは予想している。

「我々が自分たちに合っていないコースにいることは皆さんもお分かりだと思う」とトト・ヴォルフはSky Sports F1に語った。

「我々は明らかに3番手チームなので、3位と5位がおそらく最大だ」

モンツァでは、F1の“Mr. Consistency”であるジョージ・ラッセルが今シーズン7回目の表彰台を獲得し、チームメイトのルイス・ハミルトンはグリッドの最後列からスタートして5位でフィニッシュした。

レース後、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1 のミットフィールドでバトルをするのは楽しかったと語り、トト・ヴォルフもそれを見るのを楽しんだと語る。

「楽しかった。最初、彼は少し身動きが取れないように見えたが、タイヤ良い方向に進むと非情に速かったです」

メルセデスF1チームがコンストラクターズチャンピオンシップでフェラーリを追い越すする可能性について質問されたトト・ヴォルフは「勝ち目のあると思う」と語った。

「毎週末ベストを尽くして、2位になるかどうかを確認する必要がある」

ランキングで2位になれれば、今年の非常に困難なキャンペーンの「打撃を和らげる」ことができるかどうか質問されたトト・ヴォルフは「少し和らぐかもしれないが、我々がリーダーから30秒遅れているというより多くの打撃がある。それは我々が追いつく必要があるギャップだ」と答えた。

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス