メルセデスF1代表 「ニキ・ラウダもニック・デ・フリースに脱帽しただろう」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、同チームのリザーブドライバーで、F1イタリアGPで急遽ウィリアムズからF1デビューを果たしてトップ10フィニッシュを達成したニック・デ・フリースを称賛。亡き友人で同僚でもあるニキ・ラウダが見ていたら、彼のトレードマークである赤い帽子を脱いだだろうと語る。

ニック・デ・フリースは先週末、アレクサンダー・アルボンが虫垂炎の症例に苦しんだ後、土曜日の朝にウィリアムズのレースドライバーに急遽抜擢された。

ニック・デ・フリースは、金曜日のFP1でアストンマーティンのF1マシンを走らせていたが、全く異なるウィリアムズのF1マシンで予選までに与えられていた走行時間は60分しかなかった。

2019年F2チャンピオンであり、メルセデスで2021年のフォーミュラEタイトルを獲得した27歳のニック・デ・フリースは、ウィリアムズのチームメイトであるニコラス・ラティフィよりも3つ上位の13位で予選を通過したが、複数のドライバーの降格により8位からレースをスタート。決勝ではミスのない強力なレースにより、トップ10内に留まり、9位でチェッカーフラッグを受けた。

ニック・デ・フリースにとって厳しい試練だったが、トト・ヴォルフはそれを十分に評価した。

「私は彼が好きだ」とトト・ヴォルグは語った。

「とにかく彼は好青年だ。ジュニアのカテゴリーで示したように速いだけでなく、知性があり、優れたチームプレーヤーでもある。それが今日、彼がそれに値する理由だ。彼よりも優れた仕事をした人は他にいないと思う」

「レーキのついたアストンマーチンで走ってはいたが、土壇場で別の車にドラフトされた。8位でスタートし、9位でフィニッシュし、チームメイトをかなりの差で上回った」

「ニキはドライバーとして脱帽しただろう」

チャンピオンシップリーダーでオランダ人の仲間であるマックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPの前にグリッド上でニック・ド・フリースにいくつかの励ましの言葉を提供し、彼の同胞に強い称賛を与えた。

「目の前で彼が10位を守って戦っているのが見えた」とマック・フェルスタッペンは語った。

「ニックにとって、いきなり飛び込んでこのようなパフォーマンスを披露するのは決して簡単なことではない。僕が見たものからすると、彼は素晴らしい仕事をしたと思う」

「守備に関しては、彼は冷静さを保ち、ミスを犯さなかった。彼がポイントを獲得できたことをとても嬉しく思う。もちろん、最初のレースで印象的だった」

ニック・デ・フリースは自分のスキルを披露する思いがけないチャンスを、2023年にF1グリッド上のスポットを確保するのに役立つことを望んでいるある種の「就職面接」と同一視した。

「つまり、車に乗っているときはいつでも、いい仕事をすることが期待されている」とニック・デ・フリースは言った。

「そして、F1カーを運転する機会があればいつでも、それはある意味で就職面接やオーディションだ」

「そうした機会を利用する必要があるけど、やりすぎたり少なすぎたりするというトレードオフが常にあるため、賢明に利用する必要もある」

「でも、それがうまく機能し、僕たちの手に渡ったことに感謝している。僕たちはいくつかのポイントを獲得し、素晴らしいパフォーマンスだった。誰も僕たちからそれを奪うことはできない」

「だから、ここにいるかどうかに関係なく、F1での誇り高いデビューと最初の瞬間を振り返ることができる。それを楽しんだ」

ニック・デ・ブリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ニック・デ・フリース