メルセデスF1 「荒天でのシェイクダウンでポーパシングを把握できなかった」
メルセデスF1チームは、プレシーズンテストの5日前にW13のシェイクダウンを実施したが、シルバーストンでの荒天により、ポーパシングの深刻さを完全には把握していなかった。

ルイス・ハミルトンと彼の新しいチームメイトであるジョージ・ラッセルは、2月18日にシルバーストーン・サーキットで周回を重ねた。ドライバーたちは、暴風雨のユーニスによる強風と雨に立ち向かい、まったく新しいマシンを初めて体験した。

その後、メルセデスF1チームはは荷物をまとめ、プレシーズングループアクションの3日間のためにスペインとカタルーニャ・サーキットに向かった。そして、W13がサーキット全体でバウンシングしているのを見つけたとき、歓迎されないサプライズに見舞われた。

「我々がシルバーストーンにいたとき、暴風雨の真っ只中だった。時速 70 マイルの風の中にいました」とメルセデスのトラックサイド エンジニアリング ディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは説明した。

「損傷を避けるために、シェイクダウンのために非常に高い車高から始めて、後で落とすことがよくある。そして、その日、我々は通常の車高で車を走らせ、問題を確認し始めた」

「しかし、バルセロナに到着して初めて、合理的なサーキットで実際に適切に見て、何が起こっているのかを理解し始めることができた」

そこで、メルセデスF1チームは、ポーパシングの深刻さを知ることになる。

「おそらく、これまでに経験した中で最も複雑なものだった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「その進歩は非常に進歩的で、非常に心強いものだた。我々が行っていたすべてのことは、ますます意味のあるものになった」

「我々があまり理解していなかったのは、問題がタマネギの層に非常によく似ていたことだ。それを剥がすと、何層剥がしても、常に同じものを目にする。そして、いくつかのメカニズムが働いていることに気付いた」

「問題は、レース中にその課題に対処することが、時間で物事を探求できるファクトリーに戻って対処するよりも、はるかに感情的で、困難で、ストレスが多いことだ」

「今年の初めは難しかった。過去数年間、ほぼすべてのレースに参加してポールを獲得し、勝つことができると考えていたチームから、せいぜいミッドフィールドの前にいることを知ることは、かなりの挑戦だった」

「しかし現実には、ファクトリーでの理解とレースカーが実際に速くなるまでにはかなりのタイムラグがある。バルセロナは、その学びをトラックで実際に実践することができた初めてのことだった」

アンドリュー・ショブリンは、メルセデスF1チームがシーズン開幕戦で役立つだけでなく、長期的な解決策でバウシングにに集中するよう呼びかけたことを明らかにした。

「その時点で、我々はエンジニアとして、これらのレギュレーションが4年間あるという観点から検討していた」とアンドリュー・ショブリンは説明した。
「そして、チームを本当に傷つけるのは、バーレーンで勝つかどうかではなく、次のシーズンでこれらのレギュレーション内で成長できるかどうかだ」

「我々を怖がらせたのは、ファクトリーで何かを開発できなければ、つまり、製造し、トラックに持ち込み、機能するのを見ることができなければ、我々が扱っている通貨そのものが、パフォーマンスの観点から価値がなくなってしまうということあった」

「それは非常に恐ろしいことだった」

まったく新しいマシンがバーレーンのコースに登場したとき、F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、F1チームがこれほど多くのンバウンシングに苦しんでいることに驚いたと語った。

グラウンドエフェクト効果の空力を知っていた元フェラーリ、ブラウンGP、メルセデスのチーム代表であるロス・ブラウンは、車がトラックで走る前に技術の第一人者が問題を見つけて修正すると信じていた。

「彼らの何人かがそれに巻き込まれたことに少し驚いている」とロス・ブラウンはプレジーズンテストの最初の走行後にF1TVに語った。

「彼らは風洞作業からそれを予測していたと思っていた」

残念なことに、F1チームは風洞で問題を再現することができなかった。なぜなら、F1チームは、空力がストールする可能性があるポイントに到達する前に、風洞のベルトを損傷してしまったからだ。

これは、トラック セッション中にしか修正をテストできなかったことを意味し、アンドリュー・ショブリンが、ファクトリーとレース カーの間に「重大な遅れ」と呼んだものにつながった。

しかし、メルセデスF1チームは、ハンガリーの後、テクニカルディレクターが「もはや問題ではない」と宣言。バウンシングの問題を克服したと信じている。

メルセデスF1チームは、6回の表彰台を獲得しただけでなく、最後の2 回はダブル表彰台だった。そして、ジョージ・ラッセルはハンガリーでシーズン初のポールポジションを獲得した。

メルセデスF1チームは、最近のグランプリでまともなレースペースを見せたが、予選でのパフォーマンスにより、日曜日に追いつくことができなかったため、これは重要な結果だった。

メルセデスF1チームは、まだ勝利を挙げることができていないシーズンで優勝を夢見始めている。ただし、まずはポーパシングを解決するために失ったダウンフォースを回復する必要があり、そうすることで再発しないことを願っている。

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス