メルセデスF1代表 「ピエール・ガスリーのためのドアは開いていない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2023年にピエール・ガスリーや他の誰かにも空席がないことを明らかにした。

セルジオ・ペレスが2024年末までレッドブル・レーシングとの契約を延長したことで、ピエール・ガスリーの将来の計画に注目が集まっている。ガスリーは2023年末までレッドブルのF1プログラムと契約を結んでいるため、スクーデリア・アルファタウリに残る予定だが、レッドブル・レーシングのドアが完全に閉じられた今、チームを移籍する可能性について混乱が生じている。

ヘルムート・マルコは、過去2シーズンにわたって、ピエール・ガスリーが2023年の終わりまでレッドブルのドライバーであると何度か主張おり、彼がそれを変えたいと思う理由はない。

メルセデスF1が、ピエール・ガスリーのために、またはグリッドをステップアップしたい他のドライバーのために潜在的にスポットを持っているかと質問されたトト・ヴォルフは「我々に関してはドアは開かれていない」と語った。

「我々には1つの強みがある。それは2人の男だ。ドライバー市場とそこで何が起こっているのかを見るのは気が散るだけだ」

2024年のドライバー市場に関しては、メルセデスF1は潜在的にシートが空く可能性がある。ルイス・ハミルトンの現在の契約は2023年シーズンの終わりに期限切れになる。
だが、ルイス・ハミルトンはすでに来年がF1グリッドで彼の最後になるかもしれないという提案を打ち砕き、まだレースを楽しんでいると語っている。

一方、トト・ヴォルフ、2024年について話し始めるのは「早すぎる」とバクーのメディアに語った。

「我々は2024年の契約について話し始めているか? 2022年6月に?」とトト・ヴォルフは言った。

「ノー。我々はルイスと幸せな場所にいる」

「我々が今シーズンと次のシーズンを良い場所で始めることは間違いないが、2024年について議論するには時期尚早だ」

「しかし、そうは言っても、これ以上良いドライバーペアリングを望むことはできないだろう」

レッドブルはマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレス、フェラーリはシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.とどちらも、2024年に向けてラインナップを整えている。

現状では、メルセデスF1は空席のできる可能性がある最高位のチームであり、マクラーレンはダニエル・リカルドの3年間の契約の最後に空席ができる可能性もある。しかし、リカルドが彼のフォームを再発見した場合、彼らは2024年に契約を更新するオプションを持っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ピエール・ガスリー