メルセデスF1代表 「ルイス・ハミルトンの傷は非常に深い」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2021年の物議を醸すタイトル争いの結末によってルイス・ハミルトンが“非常に深い”傷を負っていると明かす。

2021年のF1アブダビGPのファイナルラップでマックス・フェルスタッペンとのタイトル争いに敗れたルイス・ハミルトンは、ソーシャルメディアを含めて完全に沈黙しており、2022年シーズンが始める前にF1を引退するかもしれないとの噂が渦巻いている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの傷が“非常に深い”と認める。

「我々がこのスポーツを愛しているのは正直だからだ」とトト・ヴォルフはAuto Motor und Sportに語った。

「ストップウォッチは決して嘘をつかない」

「しかし、公平性の基本原則を破り、ストップウォッチがもはや適切ではなくなったとき、それはこのスポーツを疑うときだ。のすべての仕事、血、汗、涙が奪われるときだ」

「特にドライバーとしてのルイスはそれを乗り越えることはできないと思う」

F1レースディレクターのマイケル・マシが解雇されることを要求したという報道を否定したトト・ヴォルフは、FIA(国際自動車連盟)の現在の調査の結果が「言葉だけでなく行動」することであるを望んでいると認めている。

「スポーツであるはずのスポーツでは、そのようなフリースタイルをルールで行うことはできない」と彼は言いました。

「新しいシーズンが始まる前に、すべてのドライバー、チーム、ファンが、何が許可され、何が許可されていないかを知ることができるように、ルールを明確にする必要がある」

「最終的に我々は娯楽を提供しているが、ショーのために規則に違反する決定はあるべきではない」

F1を継続することを選んだ場合、36歳のルイス・ハミルトンは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンから失われた王冠を取り戻そうとすることに加えて、若いチームメイトのジョージ・ラッセルの挑戦に直面するだろう。

ルイス・ハミルトンには、さらに別の若者に負けうことに耐える力を持っているかと質問されたトト・ヴォルフは「ルイスの耐える能力は、しばしば誤って疑問視されている」とコメント。

「アブダビの後でも、彼はすぐにマックスを祝福した。ルイスはただ一つのことを望んでいる。トラックでの公正な競争だ。それが我々たちが提供するものだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン