メルセデスF1代表、F1レースディレクターとの無線通信の禁止に賛成
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1チームのプリンシパルがレースディレクターと無線で通信することを許可されるべきではないことに合意する。

伝統的に、レース中にコミュニケーションの必要性が生じた場合、ピットウォールとレースコントロールの間でコンタクトをとる唯一のポイントはスポーティングディレクターだった。

今年、F1とFIA(国際自動車連盟)は、ファンにさらなる洞察を与えるために、チームとマイケル・マシの間の選択された会話を初めて放送することに合意した。

シーズンが進むにつれ、トト・ヴォルフとレッドブルF1のチーム代表クリスチャンホーナーは、スポーティングディレクターは、それぞれのスポーティングディレクターのロン・メドウズとジョナサン・ウィートリーからその役割を引き継ぎ、レースコントロールの決定に影響を与えるためにコミュニケーションチャネルを使用。二人はF1アブダビGPのレース終盤に活発にその役割を果たした。

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンの前にいる周回遅れにされた車両をアンラップすることを許可するよう求め、トト・ヴォルフは、アントニオ・ジョビナッツィがトラックに止まったときにセーフティカーを出さないように求めて物議を醸した。

レース後、F1マネージングディレクターのロス・ブラウンは、チーム代表がレースコントロールチャンネルを使用することを許可されるべきではないと提案した。

「私はロスに同意する」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、私はロスと自分に同等の責任があると思っている。ファンのための透明性と娯楽を目的として、より多くのチャンネルを放送するという意思決定の一部であったためだ」

「インターホンでは非常に多くのことが行われている。マシンが故障したり、ある種の戦略について話し合ったりするなど、発生するすべての小さなドラマの概要をファンに少し説明することは意味があった。しかし、我々は行き過ぎだと思う」

「私とクリスチャンは我慢する必要がある。レースディレクターと直接話をする機会が与えられ、チームの利益のために激しく戦ったため、全員が踏み越えた」

「チームプリンシパルからのプレッシャーの下でレースディレクターの仕事が楽にならなかったのは、今年の失敗の一部だったのは確かだ」

トト・ヴォルフは、チームプリンシパルがレースディレクターと話すことを禁止されるべきであるだけでなく、スポーティングディレクターができることも制限されるべきでと提案した。

「元に戻す必要がある」とトト・ヴォルフは語った。

「チームプリンシパルはレースディレクターと直接話すのではなく、スポーティングディレクターでなければならないと思う。私はさらに一歩進んで、スポーティングディレクターがレースディレクターにロビー活動をしたり、圧力をかけたりするべきではないと思う」

「彼らは、レースディレクターや彼の同僚が気づかなかったかもしれない状況を指摘するべきだが、ロビー活動や圧力をかるべきではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス