メルセデスF1代表 「マイケル・マシの退任だけでは解決しない」
メルセデスF1は、F1アブダビGPの結果に対する抗議を取り下げたが、「FIAに説明責任を負わせる」としており、改善の必要性は、レースディレクターを務めるマイケル・マシの交代だけでは収まらないことを示唆している。

F1アブダビGPと世界選手権の結果を変えたF1レースディレクターのマイケル・マシのレース終盤の処理は精査されている。

ニコラス・ラティフィがクラッシュして、ルイス・ハミルトンのリードを排除したセーフティカーが配備された後、最初にマイケル・マシは、ハミルトンとマックス・フェルスタッペンの間にいる周回遅れの車両をアンラップさせないとしていたが、その後、考えを変え、それらのマシンを移動することにした(ただし、フェルスタッペンの後ろにいた3台の周回遅れのマシンにはアンラップは許可されなかった」

その後、セーフティカーの撤去を早急に進めて最終ラップでレースを再開することを選択したが、ルールに概説されているプロセスでは、最終ラップはセーフティカーの後ろで終了するはずだった。

セーフティカー中にピットインしたマックス・フェルスタッペンは、使い古したハードタイヤでステイアウトしたルイス・ハミルトンに新品のソフトでリードを奪い、レース優勝とチャンピオンを手にした。

メルセデスF1はすぐに2件の抗議を提出したが、スチュワードによって却下された。FIAの交際裁判所に上訴する意向を示唆したまま3日以上の沈黙を経て、木曜日の朝に抗議を取り下げることを発表。マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオンが確定した。

「私はマイケル・マシと会話することに興味はない」とトト・ヴォルフは語った。

「レースの最後の4分間に下された決定は、ルイス・ハミルトンから当然のワールドチャンピオンを奪った」

「特に最後の4レースでの彼のドライビングは完璧だった。彼は日曜日にアブダビで最初から堂々とリードしていた」

「彼はスタートに勝ち、二度とリードを奪うことはなかった。それをレースの最終ラップで彼を奪うことは容認できない」

「個人的な観点、専門的な観点、私…私の価値観、私の誠実さの感覚は、日曜日に下された決定と両立できない」

「そして、今後これらの決定をどのように回避できるかを決定するのはFIA次第だ」

トト・ヴォルフは、メルセデスがFIAにレースディレクターのマイケル・マシを交代させることを望んでいるとは具体的に述べなかった。

スチュワードは、F1アブダビGP後のメルセデスF1の抗議に対する評決でマイケル・マシの決定を支持したが、その後、FIAは、何が起こったかについて詳細にレビュー、来シーズンの開始に向けて必要な変更を行うことを約束することで、レースの終了が誤って処理されたことを事実上認めている。

F1レースディレクターの交代がメルセデスF1にFIAへの信頼を与えるかどうかを尋ねられたトト・ヴォルフは「レースディレクターを変更するだけでなく、意思決定のシステム全体を改善する必要がある」とコメント。

「レースディレクターが大きなプレッシャーにさらされているのは確かだ。そのいくつかは我々自身の過ちによるものだ。だが、より一貫した意思決定があれば、年間を通じて多くの論争を回避できたはずだ」

「最後の1つは、最大の影響を与えた決定だった。そして、それは世界選手権を決定したため、スポーツの観点から壊滅的な影響があった」

「だが、今では、シーズンを通してそれが行き来し、時には我々はそれを享受する側にいて、時にはもより幸運だったと言うことができる」

「私は、それが全員が一緒になってスポーツをより強くするのに役立つと確信している。こういった状況は、苦痛であると同時に、スポーツをより良くする機会でもあると思っている」

長い間メルセデスF1は、F1のレースの方向性とスチュワードの特定の要素に批判的だった。特にルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンがホイール・トゥ・ホイールの攻防を重ねた今年はスチュワードの決定により一貫性を求めていた。

そのため、トト・ヴォルフは、物議を醸しているF1アブダビGPの結末を孤立した事件とは見なしていない。

「今年起こった論争のほとんどを見ると、それはコース上でのスポーツの決定、コース上での規制の実行における矛盾に関するものだったので、より幅広い問題だ」とトト・ヴォルフは語った。

「ハードにドライブしてほしいし、ドライバー間やチーム間で意見の相違があるのはゲームの本質だが、一貫性のない意思決定は論争につながり、二極化につながる」

「それは、コース上でまったく不必要な論争の多くの根拠だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス