メルセデスF1、ペトロナスが撤退してアラムコとスポンサー契約との報道
メルセデスF1は、今シーズン末で長年のタイトルスポンサーを務めてきたペトロナスと別れ、サウジアラビアの石油大手アラムコとの新たなパートナーシップを開始すると報じられている。

F1のベテランレポーターであるティーター・レンケンは、ペトロナスがF1から撤退するというニュースをTwitterで明らかにした。マレーシアの石油ガス会社であるペトロナスは、今年8月にMotoGPからの撤退を正式に発表している。

ペトロナスは1995年にレッドブル・ザウバーのスポンサーとしてF1に参入。2010年にメルセデスがF1にワークス参戦を開始したとき、タイトルスポンサーとして露出を強めた。

世界最大の石油とガスの統合企業であるサウジアラムコは、2020年にF1の長期的な企業スポンサーになった。これは、主要なスポーツイベントへの同社の最初のグローバルスポンサーとなった。

F1におけるアラムコの現在のプレゼンスには、トラックサイドのブランディングと主要なF1レースのタイトル権が含まれている。

メルセデスとアラムコの直接的なパートナーシップは、チャンピオンシップ優勝チームのスポンサーであり、共同所有者であるINEOSがサウジアラビアで行った20億ドルの投資を背景に生まれた可能性がある。

ジム・ラトクリフが率いる、メルセデスF1チームの3分の1の株式を所有する英国の多国籍化学品大手のINEOSは、2019年6月にアラムコとフランスの石油大手トタルと、中東での同社初の工場の建設が含めた重要な投資契約を発表した。

メルセデスF1は、来シーズンにマシンをオリジナルの「シルバーアロー」のベースカラーに戻すと噂されている。このスキームは、サウジアラムコの有名な青と緑のグラデーションによって補完される可能性がある。

F1は今年後半に初めてサウジアラビアでレースを行い、12月5日にジェッダでF1サウジアラビアGPを主催する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー