メルセデスF1 「0ストップではハミルトンは5位以上は無理だった」 F1トルコGP 決勝
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリング責任者を務めるアンドリュー・ショブリンは、F1トルコGPでルイス・ハミルトンが0ストップ戦略でレースを完走しようとした場合、5位以上でフィニッシュできなかったと“かなり確信している”と語る。

PU交換ペナルティによって11番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、かなり素早く5番手まで順位を上げた。

セルジオ・ペレスとシャルル・ルクレールがピットインして3番手に浮上したルイス・ハミルトンは、表彰台を獲得するためにスタートしたインタミディエイトタイヤでレースを終えたいと考えた。

だが、安全性の懸念とタイヤ交換した後続のマシンが差を縮めてきたことで、メルセデスは残り8周でルイス・ハミルトンをピットに入れ、5番手に順位を落とした。

そして、最初はドライへと変化していた路面ではインターミディエイトタイヤを機能させることができず、ピエール・ガスリーにポジションを奪われそうになったが、スクラブを終えたタイヤはパフォーマンスを取り戻し、最終的に5位ノポジションを守った。

メルセデスが最終的にルイス・ハミルトンをピットに入れた理由について、アンドリュー・ショブリンは、タイヤ無交換で完走した唯一のドライバーであるエステバン・オコンが終了間際にかなりのタイムを失っていたことを例に挙げて説明した。

「エステバン(オコン)を見れば、彼は最後から5~6周でランス(ストロール)に追い抜かれ、17秒遅れてフィニッシュしている。それくらい早く落ちていってしまう」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「それが我々の頭の中にあったことだ。『このペースで続けられるか』だけではなかった。エステバンはその短い走行でフィニッシュまでさらに2秒を失った。そこが、うまくいかないと考えた部分だ」

「我々はそれを調査し、ダブルチェックしていくが、それ以上のリスクがなくても、彼はその2つのポジションを失ったであろうとかなり確信している」

ルイス・ハミルトンは、レースエンジニアのピーター・ボニントンと何度かやり取りをし、無線でフラストレーションを表明していた。

アンドリュー・ショブリンは、ルイス・ハミルトンは、メルセデスが新しいインタミディエイトに交換させるためにピットインに入れた理由を理解しているし、欲求不満は単にマックス・フェルスタッペンとの激しい戦いの結果だったと語った。

「ルイスは常に彼の前にあるもの、彼が得ることができる最も多くのものを見ている」とアンドリュー・ショブリンは付け加えた。

「彼はこのチャンピオンシップに深く努力をつぎ込んでおり、ある時点で、我々が確保できるかもしれないと思った5位では、フラストレーション以外に何も期待していなかった。しかし、それについては説明していく」

「我々は彼とデブリーフを行ったが、今では彼はその理由を理解している。ある意味、彼のフラストレーションは、あのレースで彼が表彰台に上がれると思っていたのに、それが実現しなかったことによるものだ」

「それには少しがっかりしていると思うが、我々の運営方法を見れば、それは賢明であり、チャンピオンシップの戦いでは、リスクを冒さず、ロスを減らす必要があるポイントがある。このような決定を行うのは難しいが、強くなければならず、それらを受け入れなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1トルコGP