メルセデスF1、ハミルトンのエンジンのみを交換した理由を説明 / F1トルコGP
メルセデスF1が、F1トルコGPでルイス・ハミルトンのエンジンのみを交換して10グリッド降格ペナルティを受けるという決定について説明した。

ホンダF1は、今シーズンのどこかの段階でマックス・フェルスタッペンに新しいパワーユニットを投入する必要があることを明らかにし、F1ロシアGPで実行。最後尾スタートとなったが、2位でフィニッシュしてダメージを最小限に抑えた。

当時、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1は、必ずしも同じことをしなければならないわけではないと述べ、木曜日にルイス・ハミルトンは、F1トルコGPでペナルティを受けることになるとは期待していなおとさえ言っていた。

「現時点ではまだNo.2とNo.3があるので、現時点ではそうする必要はないと思っている。でも、それは変わる可能性がある。誰にも分からないことだ」とルイス・ハミルトンは語っていた。

しかし、金曜日の朝にメルセデスF1は、ルイス・ハミルトンが4基目の内燃エンジン(ICE)を使用し、その結果、10グリッドの降格ペナルティを受けることが確認した。

前戦F1ロシアGPでは、バルテリ・ボッタスが5基目のエンジンを投入しており。エンジンが信頼性の懸念を抱えている主な差別化要因であると考えられている。ただし、それ以上の新しいコンポーネント交換は、5グリッド降格ペナルティを科さらせることになり、自動的に最後尾スタートとなる。

「我々は年末まですべてのレースをシミュレートしているようなものであり、信頼性問題のリスクのバランスを取れている。絶対にやりたくないことは、レース中に故障し、いずれにしろペナルティを受けなければならなくなることだ」とメルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは Sky Sports に語った。

「それからパフォーマンス要素もある。なぜなら、パワーユニットはその寿命の間に少し馬力を失うからだ。現在のところ、10グリッドペナルティだ。信頼性とパフォーマンスに最も貢献するのはICE自体であり、最後尾から始めるよりも10グリッドを受けたが良い」

「オーバーテイクがいかに簡単かを理解するのは、実際には非常に困難だ。なぜなら、どのトラックがオーバーテイクに適しているかは頭でしか分からないからだ。ソチは非常に長いストレートがったが、アンダーステアに少し苦労していたことでトリッキーだった。しかし、今回はGP2レース(2006年)でルイスを思い出せるサーキットだ。彼はここに多くの機会があり、エキサイティングな日曜日になるはずだと感じた」

今週末のさらなるペナルティの可能性について、アンドリュー・ショブリンは「その可能性は低い」と付け加えた。

「レースの週末にそれらの要素を変更し始めると、かなり煩わしい作業になる。これまでの決定に非常に満足しており、このまま続けることになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1トルコGP