メルセデスF1、F1トルコGPでハミルトンに戦略的PU交換の可能性
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、戦略的エンジン交換の“可能性”があることを認めており、ポイントリーダーのルイス・ハミルトンは、F1トルコGPでグリッドペナルティを受ける可能性があると The Race が伝えている。

ルイス・ハミルトンは、夏休み後の最初のレースである第12戦 F1ベルギーGPで、年間使用基数制限となる3基目のパワーユニットを投入した。

つまり、現状ではルイス・ハミルトンは、3基目のパワーユニットとシーズン序盤に使用して走行距離が積み重なっているもので、11戦のグランプリ週末を完了する必要がある。

しかし、メルセデスはF1エンジンの信頼性に「疑問符」があることを認めており、ルイスハミルトンと同じくF1ベルギーGPで新品のパワーユニットを投入したチームメイトであるバルテリ・ボッタスは、モンツァ、ソチで新しいエンジンが必要になった。

グランプリ中の故障は戦略的なエンジン交換によるペナルティよりも大きな犠牲を払うことになる。ポイントを失うだけでなく、その次のレースでいずれにしろエンジン交換とペナルティを受けることになるからだ。

ルイス・ハミルトンは、チャンピオンシップでライバルであるマックス・フェルスタッペンに2ポイントのリードしか築けていないため、リタイアによるノーポイントはタイトル争いを決定づける可能性がある。

「最も重要なのは、信頼性の問題にとってDNFとならないことだ」とトト・ヴォルフは Sky SportsF1 に語った。

「2位でも3位でもスイングすることができれば対応できるし、それで大丈夫だと思う。チャンピオンシップは長く続くだろう」

「だが、フィニッシュでいないのは最悪だ。したがって、信頼性の問題に見舞われないことを確認しながら、エンジンのパラメーターを調べている」

「(エンジンを交換する)可能性はある。いつ、どのように行うかはまだ決定されていない」

その決定は、8つのグランプリがまだ残っていることで重要になってくる可能性がある。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンがF1ロシアGPでのエンジン交換によるグリッドペナルティを受けたことで、チャンピオンシップリードを取り戻した。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、レース終盤の雨と完璧なタイミングでのインターミディエイトへの切り替えにより、ダメージを最小限に抑え、2位でフィニッシュすることができた。

ソチは、レッドブルがメルセデスに挑戦することができないと考えていたサーキットであり、マックス・フェルスタッペンがペナルティを受けるには賢明な場所だった。

メルセデスF1が同様の明確な選択肢を持つことができる場所を特定することはより困難だ。

F1トルコGPは、メルセデスがレッドブルを倒すチャンスを提供するように見える。したがって、ルイス・ハミルトンはグリッドペナルティを回避したほうがよいかもしれない。

だが、バルテリ・ボッタスの最近のエンジン交換が深刻な懸念がある場合、メルセデスは待つ余裕がないかもしれない。

しかし、メルセデスがルイス・ハミルトンのエンジンがより長く続くことができると確信しているならば、より弱いサーキットでペナルティを受けることになるかもしれない。

F1解説者のマーク・ヒューズは、それはトルコの2レース後のメキシコである可能性があると考えている。

「パワーユニットは、ターボのサイズと構成と同じように、このような高地には不向きだ。そのため、彼らは常にそこで苦労し、レッドブルは通常ダイナマイトだ」

「おそらく、すべてが単純でスムーズな方法で進んだ場合、彼らはそこで倒される。私としてはそこが最適な場所だと考える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1トルコGP