メルセデス、ホンダのF1エンジンを警戒 「まだコンマ1~2秒を持っている」 / F1ベルギーGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ホンダが金曜日にスパ・フランコルシャンで安全にプレーしていたことを「恐れている」と語り、レッドブル・ホンダはまだ「0.1~0.2秒」を持っていると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、F1ベルギーGPの金曜日のフリー走行2回目のでトップタイムを記録。セッションの後半にクラッシュする前に1分44秒472を記録した。

メルセデス勢は、バルテリ・ボッタスで0.041秒差の2番手、ルイス・ハミルトンは0.072秒差の3番手だった。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとメルセデスのドライバーの間のギャップは土曜日の予選でさらに大きくなる可能性があると考えている。

「(金曜日に)メルセデスよりもエンジンを上げていなかったと思う」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

「エンジンにはまだ0.5秒ある」

「しかし、メルセデスが何をしているのかはわからない。なぜなら、メルセデスはより多くのことをし、時にはより少ないパワーで運転するからだ」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフも、レッドブルとホンダが予選にで何を引き出してくるのではないかと警戒していることを認めている。

「ホンダは我々よりも少しパワーアップしているのではないかと心配している」とトト・ヴォルフは語った。

「0.1~0.2秒くらいね」

マックス・フェルスタッペンはF1ベルギーGPでの初勝利を目指してスパに到着。タイトルレースを8ポイントリードしているルイス・ハミルトンは5勝を挙げている。

金曜日に二人は様々なセットアップを走らせ、レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペンにより多くのダウンフォースをつけ、ルイス・ハミルトンはより大きなリアウィングを搭載した。

セットアップは、マックス・フェルスタッペンが全体的に速かったが、最高速度でルイス・ハミルトンに8.6 km / hを失っていた。

しかし、残りの週末は雨が予報されており、レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは彼らが正しい道を進んだと考えている。

「レース中に時々雨が降れば、それは我々に有利になるかもしれない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

トト・ヴォルフは、最高速度の違いに影響を与えたのはエンジンではなく、ウイングにもあると付け加えた。

「最高速度の違いはエンジンとは何の関係もない。翼のセッティングにある」とトト・ヴォルフは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1 / F1ベルギーGP