メルセデスF1代表 「レッドブルとの戦いにフェラーリほどの緊張感はない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今年のレッドブル・ホンダとのタイトル争いは、近年のフェラーリとの激しい戦いほど“緊張感は少ない”と感じている。

フェラーリは、2017年と2018年の両方のシーズンの初期段階でメルセデスと比較して速いマシンを持っているように見えた。ルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルはワールドチャンピオンを争い、ベッテルが前半戦はリードを築いた。

メルセデスは、シーズンが終了するまでにフェラーリに追いて連覇を続けたが、レッドブルとの現在の戦いは、シーズン前半を通してほぼ対等な立場での競争となっている。

メルセデスは、F1の夏休みに向けて、ドライバーズとコンストラクターズの両方の順位でレッドブル・ホンダを追い抜いた。メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、過去の戦いが現在のタイトル争いを乗り切るのに役立っていると感じている。

「レッドブルとの今年の戦いをどのように認識しているかというと、他の2つよりもリソースへの負担は少ない」とトト・ヴォルフは GPFansGlobal に語った。

「明らかに、我々は一定の自信を持って運営している。過去の成功に基づいて、多くの楽しみは私より少ないプレッシャーで毎日行うことの一部になっている」

「当時、プレッシャーは非常に大きかったし、勝つことはまだ非常に野心的だった。だが、それは息苦しいものではなかった」

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンとの重要なフラッシュポイントは最近のレースでエスカレートしており、F1イギリスGPのクラッシュはこれまでで最も話題となった瞬間となっている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは 、F1ハンガリーGPの1周目にバルテリ・ボッタスがマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方と衝突してターンに向かった後、チームがメルセデスのドライバーだけからの損害賠償で300万ユーロ(約3億8000万円)の請求をしなければならないと予測しており、タイトルライバルのメルセデスとの最近の事故を嘆いている。

メルセデスとフェラーリとの戦いは数学的には2017年に近かったが、トト・ヴォルフは、2018年と2019年がナビゲートするのが最も難しい戦いだったと指摘。そして、彼は現在展開していることも楽しんでいると語る。

「とても楽しいです」とトト・ヴォルフは説明した。

「これまでの私の最も厳しい戦いは、2018年と2019年にフェラーリと対戦したことだと思う。彼らは非常にタフな対戦相手であり、我々は彼らと対戦するのに苦労していた」

「2018年は夏休み前に遅れ、2019年はエンジン性能と戦っていた。それはシーズンを通してとても激しく、モンツァの後の秋の初めにやっとアドバンテージで利用できた。そして、それは海外のレースに我々を向かわせた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / フェラーリ / レッドブル / ホンダF1