メルセデスF1代表 「フェラーリとの戦いが我々を限界点に到達させた」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2018年と2019年のフェラーリとの戦いがチームを限界的に到達させたと語る。

今シーズン、メルセデスF1はレッドブル・ホンダF1とのタイトル争いに巻き込まれている。他チームがメルセデスに実際に挑戦したのはフェラーリ以来となる。

2017年と2018年、フェラーリはセバスチャン・ベッテルがチャンピオンシップを長期間リードしていた。そして、2019年には、レースではそれほど強くはなかったが、9回のポールポジションを獲得した。

トト・ヴォルフは、特に後半の2シーズンでのフェアーリと戦いが、メルセデスを限界まで押し上げたと語る。

「シーズンは非常に激しいです」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、フェラーリと戦っていた2018年、特に2019年も非常に困難だった。我々は本当に限界を押し広げていた」

「そして、それはまた、チャンピオンシップに勝つためにお互いをほぼ限界点まで押し上げることを意味する」

2021年シーズンは、これまでのところ、メルセデスにとってさらに大きな課題であり、レッドブルとマックス・フェルスタッペンの両方が早い段階で両方のチャンピオンシップをリードした。

それ以来、メルセデスとルイス・ハミルトンはギャップを埋め、ライバルを追い抜いた。トト・ヴォルフは、今年のタイヤを理解することが重要だと語っている。

「春先は良い時期だった。ポルティマンとバルセロナで強く戦うことができた」とトト・ヴォルフは語った。

「そして、モナコ、バクーの順で、本当にひどいレースがいくつかあったが、それ以来、どういうわけか我々は自分たちのグリップを見つけた」

「我々は、新しいタイヤで自分のマシンがどのように機能するかを学び、シルバーストンとハンガリーではるかに良い場所に戻ったと思う」

メルセデスが今持っているリードにもかかわらず、トト・ヴォルフはまだタイトルの戦いで劣勢に立たされているのはレッドブルではなくメルセデスであると語る。

「我々はハンターだと思っている」とトト・ヴォルフは付け加えた。

「我々はこれに楽しくアプローチしている。ライバルに対して赤字があり、失うものは何もない」

「だから、我々は大きな期待を持って勝利し、旅を続け、すべてのレースの週末を楽しんで、可能な限り最高の仕事をするように努めなければならない。シーズンの終わりまでチャンピオンシップを本当に競うのに十分であることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス