メルセデスF1代表 「ルイス・ハミルトンとの新契約は詳細を詰めるだけ」
メルセデスF1のチーム代表をトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンが2021年以降もチームに残留する新しい契約はまもなく仕上がると確信していると語る。

過去数日間の報道では、トト・ヴォルフは8月の夏休みを目途にルイス・ハミルトンとの交渉をまとめ、新しい2年契約を発表を目標にしているとされている。

トト・ヴォルフは、先週末のオーストリアでのレース後にルイス・ハミルトンと飛行機で2時間を過ごしたと Osterreich に語った。

「我々はすでに最大の障害についての解決策を持っている」とトト・ヴォルフは語った。

「現在は詳細についてのみ話し合っているが、それらも解決するだろう」

また、メルセデスF1とのバルテリ・ボッタスの契約も今シーズン末で終了し、2022年にジョージ・ラッセルと交代になるとの噂が渦巻いている。

「彼(ラッセル)は(先週末に)素晴らしいレースを走ったが、それでも決定は変わらない」とトト・ヴォルフは主張する。

「これについては、今後数週間から数か月以内に検討していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン