メルセデスF1、市街地サーキットでの問題解決の“有望な糸口”を発見
メルセデスF1は、市街地サーキットでの過去2戦での低調なパフォーマンスの背景にある原因について“有望な理論”を見つけられたので、ポイントを獲得できなかったとは言え、バクーではすべてが失われたわけではないと語る。

メルセデスF1は、F1アゼルバイジャンGPで低迷。ルイス・ハミルトンが珍しいミスでドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンからリードを取り戻すチャンスを放り出し、バルテリ・ボッタスは注目を浴びることなくトップ10圏外でレースを行った。

メルセデスF1は、同じ市街地コースであるモナコでも低成績で終えており、2週間後のバクーを劣勢でスタートした。初日のフリー走行でルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの両ドライバーが下位に沈んだ。

だが、ルイス・ハミルトンに限っては、土曜日にメルセデスW12からより多くのパフォーマンスを引き出すことができ、フェラーリのシャルル・ルクレールに続く2番手で予選を通過した。

メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるマイク・エリオットは、金曜日のセッションの後にチームマシン車の問題を理解するために行った作業が理論と1つの“有望”な解決の糸口を導き出したと述べた。

マイク・エリオットは「我々はいくつかの問題が発生することを知って週末に入ったが、おそらく金曜日に2番手に来ることはまったく期待していなかった」とYoutubeチャンネルのレース後のデブリーフで説明した。

「我々が実施したのは、理解を深めるための一連のテストだった。実際、そこからいくつかの理論が生まれました。その1つは非常に有望なものだ」

「残念ながら、FP3までテストを達成できず、ロングランを終えた後だったので、予選のペースは良かったものの、レース週末、そして、実施のレース自体でおそらくベストなセットアップができなかった」

「これは我々が調査しければならないことだ。我々が行った変更を中心にセットアップを構築し、同様の問題がある将来のレースの週末にそれを進める方法を考え出す必要がある」

「もう1つ覚えておくべきことは、このサーキットとモナコはおそらく外れ値であり、実際には今後数レースでは問題のいくつかは発生しないと望期待している。祈っている。我々はもっと良いポジションにいるだろう」

当然のことながら、マイク・エリオットは、メルセデスW12のフロントタイヤと温度をマシンのパフォーマンスの主な原因として指摘した。

「このサーキットでは、フロントタイヤのウォームアップが難しいことのひとつだと思うし、自信を持って走る必要があるサーキットでもある。壁は本当に近くにあり、ミスをすれば壁に突っ込んでしまう」とマイク・エリオットは語る。

「これらの2つのことは、少し速ることができ、自信を持って壁に少し近づくことができれば、タイヤのもう少し熱が少し入るので、ある意味で釣り合っている」

「タイヤに熱が入ると、グリップが少し増えて速く走れるようになる。そのため、前に述べたようなポジティブなスパイラルになっていく」

「週末に目を向けると、ルイスはFP3でセットアップで小さな一歩を見つけたと思う。それは、彼がマシンからもう少し見つけるのに役立ったようだ」

「突然、少し苦労した状態から、ペースのトップランナーになり、ルイスは予選までそれを乗り越えた。彼がQ3で2番手を記録したラップは、1ラップではなかった。彼は予選を通して実際に速かった」

「バルテリの場合はその位置に到達しなかったと思う。彼は、同じようにそのポジティブなスパイラルに入るための最後の少しの自信を見つけられなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス