メルセデスF1代表、戦略家が弾き出したプランを称賛「ほぼ完璧な仕事」 / F1スペインGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1スペインGPでのルイス・ハミルトンの勝利を実現させたブラックリーの数学者と戦略家のグループ、そして、現場で働いている人々を称賛した。

F1スペインGPで、ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンのリードを2ストップ戦略で覆して今季3勝目を達成。コンストラクターズ選手権でのレッドブルとの差を29ポイントに広げたメルセデスのF1チーム代表をまとめるトト・ヴォルフはチームを称えた。

「雰囲気は素晴らしかった。ジェーム(ボウルズ)が率いる戦略家のグループ、そして、ブラックリーのグループ全員には本当に脱帽だ。我々はほぼ完璧な仕事をした。今日、我々は遅れていた。遅れていたが、ギャップがあったためことで、その判断ができた、または、それができるポジションにいた」

「彼らはとにかく素晴らしかったし、数学者と戦略家たちはすべてシミュレーションを弾き出した。プランが必要だった…そして我々の計画は、今ストップしなければならない、そうすれば、残り1周で彼を捕まえるというものだった。そして、タイヤの差は1.4秒あり、我々はそれで十分だと信じた。我々はそれらを信頼した。我々はデータを信頼した」

トト・ヴォルフは「だが、彼らはひどく間違っていた。私たちは残り4周までに彼を捕まえた」と冗談交じりに語った。

ルイス・ハミルトンは、マックス・フェルスタッペンの4周後の28周目にピットインし、42周目にもう一度ストップしてライバルを驚かせた。ハミルトンはフェルスタッペンから20秒以上遅れてコースに復帰したが、60周目に逆転に成功した。

トト・ヴォルフは、戦略チームが再びピットインするという“難しい”判断に頼った理由を続けて説明した。

「ペースに関して言えば、土曜日はレッドブル優勢に振れていたと思うし、日曜日はおそらく我々に振れていた。我々のマシンはタイヤに関して良好に思えた」とトト・ヴォルフは語った。

「そうすれば、失うものが少なくなり、いずれにしろ、自分たちがいる2位で終われたし、または1位も目指せた。それでも、難しい判断だった。2ストップを進めることを決定する前、ルイスはDRSでマックスに非常に近づいていたからね。そこで戦略チームの出番だ。彼らはレース終盤にはタイヤが5周だけ若い今よりもレースの最後にオーバーテイクできる可能性が高いと言った」

トト・ヴォルフは、ブラックリーとピットウォールにいるチームの勝利に対する考え方を称賛して締めくくった。

「チームの全員が本当に良い仕事をしている。負けた日でも、和r割れは学ぶ。その考え方は正しいと思う。そして我々のマシンが十分に速くないときでも、それでも良いパフォーマンスを推定することができる」とトト・ヴォルフは語った。

「しかし、我々は決して休むことはなく、権利意識もない。2週間でそれは反対方向に振れる可能性があるし、そうなれば、それは学ぶための週末になるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スペインGP