メルセデスF1、ファクトリーの“レースベイ”をアップグレード
メルセデスF1は、ブラックリーのファクトリーの“レースベイ”を約20年ぶりにアップデートする予定であり、そのイメージ画像を公開した。

メルセデスF1は、チームがブリティッシュ・アメリカン・レーシングの名前で呼ばれていた1999年以来、現在のレースベイを使用している。このファクトリーは、2006年からホンダF1として稼働し、2009年にブラウンGPを経て、メルセデスが買収した。

現在、メルセデスF1は古い施設に別れを告げ、工場に新しい最先端の設備を追加する準備をしている。今週、チームは、レースベイがどのように見えるかを示すデジタル画像とともに、今後の改修のプレビューが提供した。

メルセデスF1は「かつて賢人は『前進していなければ後退していることになる』と言った」と写真にキャプションを付けた。

「そして、チームの歴史の1つの章が終わると、新しくエキサイティングな章が始まる」

メルセデスF1は、移行が今後数週間以内に行われることを発表し、古いレースベイで達成した成功を振り返った。

「1999年以来、これらのレースベイで製造されたマシンは115勝、253回の表彰台、126回のポール、79回のファステストラップ、57回のワンツーフィニッシュを記録してきた」

「これらのレースベイは何年にもわたってそれを見てき。陶酔的な高値から、最も深い低値、希望の瞬間、頭を悩ませる瞬間、そして、『ここからどこへ行けばいいのか』というときまで。困った時もお祝いもチームとして我々はそこに集まってきた」

メルセデスF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス