メルセデスF1代表、ラッセルの代役を可能にしたウィリアムズに感謝の意
メルセデスF1は、新型コロナウイルスに感染して今週末のF1サヒールGPに出場できないルイス・ハミルトンの代役としてジョージ・ラッセルを起用することを発表。

ジョージ・ラッセルは、今週末バーレーンでメルセデスF1に参加するために、パートナーチームのウィリアムズF1からリリースされた。

ジョージ・ラッセルは、2010年以来メルセデスAMGペトロナスF1チームでレースをする5人目のドライバーになり、スターリング・モス卿とルイスハミルトンに続いてF1でメルセデス・ベンツを代表する3人目の英国人となる。

ジョージ・ラッセルは、2017年にルーキーとしてGP3シリーズでチャンピオンシップを獲得した後、2018年にF2でその偉業を繰り返す前に、メルセデス・ベンツのジュニアプログラムのメンバーとなった。現在、ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1でフルタイムのF1ドライバーを務めている。

2019年にF1デビューを果たしたジョージ・ラッセルは、過去2シーズンの印象的な予選とレースパフォーマンスを示している。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは「何よりもまず、ジョージが今週末にメルセデスのためにレースをすることを可能にしてくれた忠実なパートナーであるウィリアムズの協力とオープンマインドに感謝したい。ウィリアムズF1との会話は前向きで実用的であり、それが合意に達するための重要な要素だった」とコメント。

「ジョージがウィリアムズからW11に移行するのは簡単な作業ではないが、彼はレースをする準備ができており、2020年のタイヤとこの世代のマシンのパフォーマンスを詳細に理解している。今年、ジョージはウィリアムズがグリッドを駆け上がることに重要な役割を果たし、印象的なフォームを見せた。彼の厳しいリファレンスとなるバルテリと一緒に、彼が力強いパフォーマンスを発揮してくれると私は楽観視している」

「今回のレースは、初めてジュニアプログラムのメンバーがメルセデスのワークスチームで競争するのを見ることになり、我々にとって小さなマイルストーンとなるだろう。我々は今週末にやるべき仕事がある。我々のスポーツ活動の完全な焦点は、チームとしてのポイントスコアを最大化するためにバルテリとジョージを支えていく。だが、もちろん、我々の考えはルイスにも向けられている。我々は、彼の自己隔離の期間中に迅速な回復を果たせるようにできる限り彼をサポートしていく」

メルセデスF1は、最終戦F1アブダビGPのチームのドライバープランについて、レース週末後に発表するとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル