F1、トト・ヴォルフが着用していたフェイスシールドを禁止
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、今後F1パドックで透明なフェイスシールドを着用することはないと語った。

新型コロナウイルス対策としてF1パドックではマスクの着用が義務付けられているが、トト・ヴォルフは眼鏡のように耳にかけるタイムの透明なフェイスシールドを着用してチームの指揮をとっていた。

しかし、FIA(国際自動車連盟)は、トト・ヴォルフが着用していたフェイスシールドはF1の条件を満たしていないと判断した。

「私のフェイスシールドはFIAに受け入れられなかった。要件を満たしていなかった」」とトト・ヴォルフは明かした。

「私が他のみんなが着用しているマスクに戻したのはそれが理由だ」

トト・ヴォルフは、フェイスシールドに関するFIAの決定に不満はないと語る。

「真剣に受け止めなければならないと思う。私は常にそうしている」とトト・ヴォルフはコメント。

「フェイスシールドはよく見ることができるので良い選択肢だと考えた。だが、ルールはルールであり、我々がレースをできることをうれしく思っている。鼻にパンパース(おむつ)を詰めなければならないなら、そうするだろう。どんなことでも受け入れる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス