F1特集:トト・ヴォルフのアストンマーティン移籍の現実味
メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、自身は否定しているものの、アストンマーティンへの移籍の噂は止まない。Ziggo Sport の記者を務めるジャック・プローイュがその背景を語った。

一部報道では、トト・ヴォルフとメルセデス/ダイムラーの間には修復不可能な亀裂が生じていると噂されている。しかし、トト・ヴォルフ自体は「アストンマーティンを率いるとの噂には根拠がない」と否定している。

ジャック・プローイュは、トト・ヴォルフの反応は理にかなったものだが、移籍は“絶対に可能”だと語る。

「それは私をとても驚かせた。トトとはよく連絡をとっているが、彼はそれについて何も教えてくれなかった」と語るジャック・プローイュハは、F1のトップでは意見の不一致が原因でチームを離れることがあることが多いことはわかっていると語る。

「トトもメルセデスで戦いを繰り広げていたのかもしれない。私の知る限りでは、オコンの離脱は、本来あるべき姿を完全には明らかにしなかった」

結局のところ、メルセデスの未来が非常に重要な議論のポイントになる可能性がある。メルセデスの親会社であるダイムラーがどこに向かいているのか。

「それは彼らが左に行きたい、そして、トトが右に行くことを好むということかもしれません。あるいは彼らの予算の多くが突然フォーミュラEに行ったりね。メルセデスが彼に今後10年間F1に参加するという保証を与えることができず、ローレンス・ストロールが友達で、そこにビジネスチャンスがあり、十分な資金があるならば、誘惑は非常に大きくなる可能性がある」

先週、トト・ヴォルフは、アストンマーティンのCEOになることを完全に否定した。しかし、ジャック・プローイュは必ずしもそれを真に受けてはならないと語る。

「たぶん質問は『3億ドルならアストンマーティンで行くか?』だったのかもしれない。それならトトはノーと答える。2億ドルかもしれないからね」とジャック・プローイュは語る。

また、ジャック・プローイュはレーシング・ポイントF1チームを完全に除外していないと語る。

「レーシング・ポイントは巨大なファクトリーを建設していることを彼らは理解している。それは起こっている」

ローレンス・ストロールは、アストンマーティンに多額のお金を払ったが、株価が暴落したタイミングであり、実際には賢い投資と言える。

「アストンマーティンを購入してもどうにもなかなかった。状況はまったくうまくいっていなかった。本当に劇的だった。アストンマーティンからのお金がないので、それはストロールがチームを構築したいイメージが重要だった。彼には十分な資金があり、利用できるリソースはたくさんある」

おそらくレーシングポイント/アストンマーティンへのトト・ヴォルフの移籍は、息子ランス・ストロールのキャリアに終わりをもたらすことになるだろう。

「それが私の最終的な結論だ。もしそれが起こったら、それはランスのキャリアの終わりを意味するだろう」とジャック・プローイュは語る。

トト・ヴォルフの離脱はメルセデスにとっても極端な結果をもたらすだろう。

「彼は非常に重要だ。私は彼がメルセデスのすべての部分の潤滑剤だったと思う」とジャック・プローイュは語り、、それはメルセデスでのルイス・ハミルトンの将来を不確実にすると語る。

「私はトトが個人的にハミルトンがチームに留まることを確認するだろうと確信している。このように説明してみよう。彼はルイスと多くのことを話し、チャンピオンには特別な願いがあることを知っている。トトはそれを理解している。ハミルトンとメルセデスの継続的な成功において彼には重要な役割を果たしてきたと思う。彼がメルセデスを去るなら、彼らは問題を抱えているだろう」

また、トト・ヴォルフがアストンマーティンに向けて移籍した場合、彼と一緒にトップの人材、さらにはメカニックまでも移籍する可能性がある。

「それについての合意があるかもしれない。ローレンスもそれが完璧だと考えているだろう」

だが、ジャック・プローイュはそれが間違った方向に陥る可能性があることも知っている。

「ウィリアムズでのパディ・ロウを見てみるといい。彼はメルセデスを去り、人々はウィリアムズが素晴らしいマシンを手に入れるだろうと思っていたが、それは完全に間違っていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / アストンマーティン