F1 メルセデス エステバン・オコン
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、エステバン・オコンが2019年のF1シートを見つけられずにいる背景に“隠された思惑”や“嘘”があるとして他チームに憤慨してる。

エステバン・オコンは、2019年の移籍にむけてルノーと暫定的な契約を結んでいたが、ダニエル・リカルドの電撃移籍によって白紙化されてしまった。

さらにエステバン・オコンは、マクラーレンのドライバー候補に挙げられ、すでにファクトリーでシート合わせを行っていたが、マクラーレンは将来を期待して育ててきたランド・ノリスを手放すことを望まず、2019年のドライバーに起用した。

その後、現所属チームのフォースインディアをローレンス・ストロール率いるコンソーシアムが買収。息子で現在ウィリアムズのドライバーを務めるランス・ストロールの加入は確実とされ、チームメイトはセルジオ・ペレスが契約を更新するとみられている。

ランス・ストロールのフォースインディアは移籍は早ければロシアGPで実施されるとも噂されており、エステバン・オコンは今シーズン終了を待たずしてF1シート喪失の危機に立たされている。

エステバン・オコンのキャリアをメルセデスでマネジメントするトト・ヴォルフは「我々だけでなく、他チームもF1のレベルを引き上げ、良いドライバーをもたらすためにい若手ドライバープログラムを実施している。チャンピオンを獲得したものもいるし、そのレベルに相応しいものもいる」と Sky Sports にコメント。

「今年の7月と8月に起きたことは、とにかく信じがたい。その背景には、あまりにも多くの政治的な駆け引き、隠された思惑、嘘がうごめいていた。マシンに乗れない良い若手たちが出てくることになるだろう。そして、おそらくエステバンはその1人になる。だが、我々は彼の面倒を見ていく。彼は未来のスターになる1人だ。私は100%そうなると自信を持っている。

ルノーとマクラーレンは、エステバン・オコンのメルセデスとのコネクションが不採用の一員で会ったことを示唆しており、現在、トロロッソ・ホンダに空席ができてるレッドブルも同様の理由でエステバン・オコンのリリースを求めている。

トト・ヴォルフは、夏の間にエステバン・オコンに関する2つの契約が流れたと明かす。

「彼には7月に2つの契約オファーがあり、あとは正しい方を選ぶだけだった。だが、彼はもはや存在しなくなった」とトト・ヴォルフはコメント。

「自分が口にしたことすら守れない臆病者ばかりいるせいだ。どうにかしなければならない。エステバンは強い。彼はこれまにもキャリアで難局に直面してきた。今回のことも我々がなんとかする」

メルセデスとオコンとの関係がかえって障害になってしまっているのではないと質問されたトト・ヴォルフは「ああ、そうかもしれないね」と不機嫌そうに語った。

「もし、そこら辺にいる誰かがそう感じ、ベストドライバーたちを見過ごすことで自分たちのパフォーマンスを損ねるのであれば、それは彼らの問題であって我々の問題ではない」

「そういう流れに見えるが、問題はない。私は他の誰かを当てにしたくはないし、パワーとスピードを持つ若いドライバーが他人を当てにするのもどうかと思う。才能というのはやがては良いマシンにたどり着くものだと考えている。エステバンもそうだ」

トト・ヴォルフは、エステバン・オコンをメルセデスのジュニアプログラムからリリースする可能性を除外。いつかメルセデスでチャンピオンを獲らせると語った。

「100万年先のことではない。いつか彼はメルセデスで走って、レースに勝ち、チャンピオンを獲得する。そして、他のすべてがミスを起こしたことを示すだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / エステバン・オコン