F1 メルセデスAMG F1
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、F1ドイツGPでバルテリ・ボッタスにチームオーダーを発令する決断を下したのは1-2フィニッシュを手放すリスクを避けるためだったと説明した。

14番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、セバスチャン・ベッテルのクラッシュにとってバルテリ・ボッタスがピットインしたことでトップに浮上した。

フレッシュなウルトラソフトを装着したバルテリ・ボッタスは、セーフティカー後のリスタートでルイス・ハミルトンに勝負を仕掛けたが、その後、メルセデスはチームオーダーを発令してバトルを止めさせ、ルイス・ハミルトンは後続を引き離してトップでチェッカーを受けた。

結果として、ルイス・ハミルトンは、ドライバーズ選手権でセバスチャン・ベッテルに17ポイント差をつけて首位に浮上。バルテリ・ボッタスも2位に入って1-2フィニッシュを達成したメルセデスは、コンストラクターズ選手権でもフェラーリから首位の座を奪還することに成功した。

「レース後半の要求に関してだが、彼らがリスタート時にお互いに勝負を始めた頃、雨が降っていたし、まだ湿った部分が残っていた。我々は過去数戦でかなりの不運に見舞われており、1台もしくは2台とも失うというシナリオだけは想像したくないものだった」

トト・ヴォルフは、メルセデスがチーム内でナンバー1とナンバー2を明確にしているとの見方を否定。どちらのドライバーが前にいたとしても、同じようなチームオーダーを発令していたと付け加えた。

「逆だったとしても同じことをしただろう」とトト・ヴォルフは主張。

「それはチーム内にある透明性であり、違いはなかったと思う。不運によって失っていたポイントを取り戻すために、ダブル表彰台、1-2を獲得することが重要だった。二人のうちのどちらが前にいるかに関わらず、彼をホームにもたらすおkとが重要だった」

バルテリ・ボッタスは勝利を掴めなかったことに失望していることを認めつつも、すぐに決定を理解し、受け入れたと認めた。

「セーフティカー後にルイスと少しバトルをしたけど、抜くことができなかったし、リスクを最小限に抑えるよう伝えられた。そこは理解できる」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「ドライバーとして、僕たちは勝利を望んでいるし、セブがリタイアしたときには良いチャンスだと思った。ルイスにとってセーフティカーはいいタイミングで入ったと思う。彼はステイアウトすることができたからね。ポジティブに捉えると、チームとして僕たちにとってパーフェクトな結果だった」

関連:F1ドイツGP 結果:ルイス・ハミルトンが波乱のレースで大逆転優勝!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス